ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」008おとりの商品を用意する

投稿日:2017年4月26日 更新日:


008 おとりの商品を用意する

シェービング

脳は絶対的な判断をするのは苦手であるが、相対的な判断、つまり比較による判断を得意とします。

これを利用したものとして、イチ推しの商品を進めるために、それとほぼ同様な商品ではあるが「今一つ」なものを「おとり」として用意します。これによりイチ推し商品をより際立たせ、お得感を感じさせることで売り上げを上げる方法があります。

 

例えば、シェービングジェルですが、いろいろな仕様のものがあり、非常に迷うために、この中から選択をするだけで疲れてしまいます。このとき、決断を促してくれるものがあれば、非常に楽に疲れないで、あっさりとそれを購入することになります。

その1つが先ほどの「おとり」を使ったものとなります。

具体的には、販促用の増量タイプのシェービングジェルを、標準品のものと一緒に陳列する。この標準品が「おとり」となって、増量タイプは、明らかに他社の商品よりもかなりお得な魅力的なものとなっています。
この「おとり」により際立つことで、購入にひと押ししてくれる要因が出来上がり、決断に至りやすくなります。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-19「コピーの売込み効果を高める20の方法」前半

ここでは、「コピーの売込み効果を高める20の方法」です。 コピーの売込み効果を高める20の方法の前半の10個を以下に示します。 すべて実際にテストされ、効果が確かめられている方法です。   …

ヨーグルト

「脳科学マーケティング100の心理技術」018使いやすい容器で提供する

018 使いやすい容器で提供する ヨーグルトを食べるときに最も重要な感覚要素は、「スプーンを入れてかき混ぜる」触感や「ひと口目を食べる」味覚ではなく、意外なことに、ホイルの蓋をはがす動作であることがわ …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(1回目)「価格が脳に与える影響」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 前回まで、コピーライティングスキルとコンテンツについて述べてきましたが、 今回 …

分岐1

「脳科学マーケティング100の心理技術」034 「もしも買わなかったら」と問いかける

034 「もしも買わなかったら」と問いかける   事実に反するシナリオとして「もしも買わなかったら」を顧客に考えてもらう事で、忠誠心を高めることができます。   もしも、普段自社の …

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.