ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」012臭覚を刺激して売る

投稿日:2017年5月2日 更新日:


012 臭覚を刺激して売る

シャンプー

人間の感情の75%は、においによって引き起こされると推測し、マーケティングのさまざまな局面でできるだけ臭覚を活用しています。

五感の中で臭覚刺激だけが、感情の中枢である大脳辺縁系に直接伝わるので、においが鮮明な記憶を呼び起こすからです。

 

すべてのブランド、お店において独自のにおい(テーマフレグランス)を持つべきです。このにおいが記憶とつながるので、なじみのある商品、お店に感じるようになります。

 

また新商品の場合にも有効であり、何らかのにおいがあると記憶と連動し、なじみのあるものへと変えてくれる早道になります。

 

においは、人の情報処理の質も向上してくれます。例えばレモンは集中力と記憶力を高めます。

 

また、においは人の行動や消費者の意識に影響を与えます。

例えばシャンプーのにおいを改善しただけで、全く関係ない機能の部分が良くなったと感じるようなりました。例えば「泡立ちが良くなった」「すすぎがしやすくなった」とか。

ここで、においにより全く無関係な機能に影響を与える事ができることは、注目に値します。

 

従来の言葉による、その商品の機能を説明する顕在的な訴求ではなく、においによる潜在的な訴求ができるということは、マーケティング的にいろいろな可能性を秘めています。

 

ここでの臭覚ブランディングで重要なことは、一貫性と独自性です。記憶に残る独自のにおいをつくり、それを何年も続けることが重要です。

 

また、においによる集客マーケティングで注意すべきは、においが強すぎたり、場違いなところで使用すると、逆効果になるという事です。においは控えめにして環境との調和を考えなくてはいけません。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アンケート依頼

「脳科学マーケティング100の心理技術」045 最初に小さな頼みごとをする

045 最初に小さな頼みごとをする 面倒な頼みごとをする際には、その前に、簡単な小さな頼みごとをするべきです。その小さなリクエストをクリアすることで、次の面倒な頼みも聞くのが筋という潜在意識のようなも …

no image

「コンテンツについて」に必要な付加価値9つとは

「コンテンツについて」 今日は、コピーライティングスキルを使って書く対象物である、 情報商材などのコンテンツについて、考えてみたいと思います。 一般的に、コンテンツは、文学的文章力や文学的表現力は 必 …

no image

5-17「コピーの出だしはこう書く」

ここでは、「コピーの出だしはこう書く」です。 いい出だしのコピーを書くコツは、 ①他人に見てもらう。 ②1日、2日おいて見直す。 ③すべての説明文を「この物語は~」か「この本は~」で始め、あとか らそ …

amazon

「脳科学マーケティング100の心理技術」010選択肢をむやみに増やさない

010 選択肢をむやみに増やさない 豊富な品ぞろいを見せるために、選択肢を増やすことは避けるべきです。選ぶのに疲れてしまい、その後の判断が困難となり、購入に至らなくなることがあるからです。 &nbsp …

マジシャン

「脳科学マーケティング100の心理技術」050 マジシャンのスキルを応用する

050 マジシャンのスキルを応用する マジシャンが顧客の注意を引き、つなぎとめておくための以下6つの方法を応用したマーケット手法を示します。   ①人は一度に1つの事にしか注目できないので、 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.