ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」047「あなたが一番」とほめそやす

投稿日:2017年6月20日 更新日:


047「あなたが一番」とほめそやす

超いいね

たとえ偽りのお世辞であっても、言われた側はその事を差し引いて考えようとしても、お世辞は顧客に対して説得力を持つことがわかりました。

 

ある研究によると、お世辞を言った人に対して無意識にポジティブな印象を抱いてしまい、その印象は強力で長いという事がわかりました。

 

ここで、もし正直にウソ偽りのない形で顧客の行動や特徴をほめることができれば、先ほどの偽りのお世辞よりも信じてもらいやすいし、顧客の印象もよいのです。

 

これは対面接客以外の、特定のターゲットを絞ったコピーでも使えるわけであり、ウソのないほめ方をすることができます。これはありふれたお世辞を言うダイレクトメールよりもはるかに正直で効果が高い。

 

研究では本気にされないようなありふれたお世辞で効果があると示されたが、やはり事実の根ざしたことを言った方が相手に違和感を抱かせず、自社やブランドに対して、好印象をもってもらえます


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

香り付鉛筆

「脳科学マーケティング100の心理技術」017香りつきの商品をつくる

017 香りつきの商品をつくる 商品又は広告に香りをつけることにより、独自性が高まり記憶に残りやすいことが分かりました。   ここで、鉛筆に普通の香りと、珍しい香りをつけて比較実験をしました …

「脳科学マーケティング100の心理技術」006高級品は値下げしてはいけない

006 高級品は値下げしてはいけない 高価なブランド商品などを購入する場合には、その価格もブランド体験の1つとなる。確かに購入の際に痛みを伴うが、購入後消費した後の満足感を堪能できる。よってむやみに値 …

分岐1

「脳科学マーケティング100の心理技術」034 「もしも買わなかったら」と問いかける

034 「もしも買わなかったら」と問いかける   事実に反するシナリオとして「もしも買わなかったら」を顧客に考えてもらう事で、忠誠心を高めることができます。   もしも、普段自社の …

厚紙

「脳科学マーケティング100の心理技術」025紙媒体は重く厚くする

025 紙媒体は重く厚くする 紙媒体において重量を重くする又は厚くする事により、重要(真剣)な印象を与えます。   これを確認した実験としては、クリップボードに挟んだ希望就職者の履歴書を見て …

心理状態を読む会話

「脳科学マーケティング100の心理技術」046 顧客の心をつかむスタッフを採用する

046 顧客の心をつかむスタッフを採用する セールスパーソンが持つべき最も重要なスキルの1つは、顧客の考えを理解することであるが、そのためには高い言語能力が必要です。   このことは研究によ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.