コピーライティング ブログ

5-10「広告は見出しが命」

投稿日:2017年1月20日 更新日:


ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキル

となります(セールスはこれに含まれる)。

今回から33回に渡ってコピーライティングスキルについて、情報共有して

いきたいと思います。

情報源は、

教材として、書名「ザ・コピーライティング」を使っております。

この本は2008年の本で、9年前ですから、現在のようにネットビジネス

が普及していたわけではありません。

しかし、読んでみると、とっても現在でも役に立つ内容です。

時代を超えた名著と言えると思います。

本の全体の内容ですが、全18章で書かれています。

ヒットする広告について、具体的なデータにもとずき、説明しています。

最も効果的な見出し・訴求ポイント・ビジュアル・コピー・媒体が

なんであるかというものを示しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでは、「広告は見出しが命」です。

見出しに目を留めてもらわなければコピーは決して読んでもらえないということです。

 そこで、効果的な見出しには3パターンあるといものです。

  1パターン:得になること

        例 「さらに50ドルの昇給」

  2パターン:新情報

        例「フォード・トラックの新機能」

  3パターン:好奇心

        例「行方不明:3万5,000ドル」

 自分で普段、新聞、メルマガなどを読んでいるときに、見出しを見てコピー

 をみるかを判断していると思います。

 限られた時間のため、忙しいときは、好奇心をそそるだけの見出しであると、

   飛ばしてしまうかも知れないわけです。ところが自分にとって役に立つ、得

 になることであれば、わざわざ時間をさいてでも読むのではないでしょうか。

以上、ここでは、「広告は見出しが命」でした。


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

分岐1

「脳科学マーケティング100の心理技術」034 「もしも買わなかったら」と問いかける

034 「もしも買わなかったら」と問いかける   事実に反するシナリオとして「もしも買わなかったら」を顧客に考えてもらう事で、忠誠心を高めることができます。   もしも、普段自社の …

no image

5-27「成功した見出しはどっち?」

ここでは、「成功した見出しはどっち?」です。 以下に、10問の選択問題における、正解した広告の重要点を説明します。 この問題の中で正解した広告は、大成功をおさめ、効果がなくなるまで使われました。 &n …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(3回目)「脳が喜ぶブランディング」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第3回目となります。   …

ヨーグルト

「脳科学マーケティング100の心理技術」018使いやすい容器で提供する

018 使いやすい容器で提供する ヨーグルトを食べるときに最も重要な感覚要素は、「スプーンを入れてかき混ぜる」触感や「ひと口目を食べる」味覚ではなく、意外なことに、ホイルの蓋をはがす動作であることがわ …

ダイレクトメール1

「脳科学マーケティング100の心理技術」033 写真入りダイレクトメールを送る

033 写真入りダイレクトメールを送る 人の写真が、それを受け取る人の行動を変えるという事実の裏付けは増えています。   その写真によって受け取る側の共感を得ることができるのであれば、例えば …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.