コピーライティング ブログ

5-24「最大数のお客にアピールする方法」

投稿日:2017年2月2日 更新日:


ここでは、「最大数のお客にアピールする方法」です。

広告を見て判断するのは、一瞬である。見出しと、ビジュアルが同じでないと、

ビジュアルは文字より先に入ってくるので、勘違いされてしまう。

 

1.売込み効果につながる3要素

①短い段落

②短い文

1文が長いと、最初の読んだ内容を忘れてしまうことがある。

③短くてわかりやすい言葉

簡単な言葉にすることで、対象の読者に理解されやすい、読みやすいコピーにする。

広告のコピーは、文法的に正しく、句読点が適切であるほかに、スムーズに速く

読めるものでなくてはいけない

 

2.スタイル重視のコピーの弱点

スタイルコピー寄りでは、何を伝えるかより、どう伝えるかが重視したコピーと

なっている。

何を言っていたかと問えば、読んだ相手は思い出せない。

何を伝えるかが重要である。

広告の売込みをアップするには、コピーは凝ったものではなく、わかりやすいもの

にすること。

 

3.説明を補足することでよりわかりやすくする

コピーの言葉の本当の意味を分かっていない人がいるので、かみ砕いて説明したほう

が良い。

(わかりやすさが大事な証拠)

わかりやすい内容の雑誌が売れる。

ニュースを言葉ではなく、写真で伝えてシンプルにする事で理解が早まる。

小6の国語の教科書に出てくるような言葉を使う事で、理解不可能な言葉を使わず、

シンプルな広告となり、売り上げアップにつながりやすい。

(わかりやすく伝える例)

例1:この章で説明するのは、広告をわかりやすくする方法です。平均的な人が理解

できるのはわかりやすい広告です。

例2:この章で説明するのは、広告をわかりやすくする方法です。わかりやすい広告

だけが、平均的な人に理解してもらえるのです。

例2のほうがわかりやすい理由は、1文目で「わかりやすい広告」で終わり、その言葉

ですぐに次の文が始まっているからである。

 

4.勘違いされた広告

広告の言葉と写真が同じでないと、勘違いされる。

一瞬でみられる広告は、写真が最初に目に入るので、写真の商品が、優先される。

また、広告を読む人の語彙が限られていることを知る必要がある。

 

5.ある弁護士の勝率アップの秘訣

専門用語が多い広告ほど、相手がわかりやすい言葉で書く。

 

6.勘違いされた見出し

広告の見出しにおいても、勘違いされる言葉は使うべきでない。

 

7.効果的な見出しをさらに効果的にする方法

見出しにおいて、アプローチが絞り込むほど、効果は大きい。

例1:「10ガロンにつき1ガロンのガソリンを節約します」

をもっと限定的にして、

「ドライバーのみなさん!10ガロンにつき1ガロンのガソリン

を節約します」とすることで、

=>20%効果がアップ。

例2:「花粉症」にベネフィットの期待感が加わって、

「花粉症を断つ」とすることで、

=>27%アップ。

例3:「15年後に退職」

に年齢を絞り込むことで、

「どうすれば40歳の方が15年後に退職できるか」とすることで

訪問したい年齢層の反応が増えた。

例4:「涼しくぐっすり眠れる方法」

にドラマ性とベネフィットの保証を加えて、

「涼しくぐっすり眠れる方法-熱帯夜でも平気」とすることで

問合せも売上げもアップ

例5:「すばやく簡単にきちんと車を修理する方法」

にすばやく簡単イメージを持たせることで、

「すばやく簡単にきちんと車を直す方法」とすることで

注文20%アップ。

例6:「5エーカー」と「5エーカーと自給自足」において

より具体的な目的が加わり、

後者が、圧勝。

例7:「どうやって私は営業で成功したか」

において、より具体的に説明することで、

「どうやって私は営業の失敗から立ち上がって成功したか」

後者が勝ち。

 

8.雑誌に学ぶ、タイトルのインパクト強化法

効果的な見出しにするには、

記事のタイトルを、短くする場合もあれば、長くする場合もある。

また、タイトル全体を組み直す場合もある。

(短くすることでインパクトがあった例)

「買い物上手のバーゲン利用術」 を「バーゲン利用術」とする。

(長くすることでセールスアピールがアップした例)

「夫の愛情が冷めるとき」を「夫の愛情が冷めるときとその対処方法」とする。

(構成し直すことで、より関心を引いた記事タイトルの例)

「ガーデニングが再び流行中」を「初めてのガーデニング」とする。

 

————————————

ここで学んだこと

————————————

「最大数のお客にアピールする方法」について、

1.売込み効果につながる3要素

①短い段落

②短い文

③短くてわかりやすい言葉

2.スタイル重視のコピーの弱点

どう伝えるかではなく、何を伝えるかが重要である。

3.説明を補足する

コピーの言葉の本当の意味を分かっていない人がいるので、

かみ砕いて説明したほうが良い。

4.勘違いされた広告

広告の言葉と写真が同じでないと、勘違いされる。

5.ある弁護士の勝率アップの秘訣

専門用語が多い広告ほど、相手がわかりやすい言葉で書く。

6.勘違いされた見出し

広告の見出しにおいても、勘違いされる言葉は使うべきでない。

7.効果的な見出しをさらに効果的にする方法

見出しにおいて、アプローチが絞り込むほど、効果は大きい。

8.雑誌に学ぶ、タイトルのインパクト強化法

効果的な見出しにするには、

記事のタイトル短くする場合もあれば、長くする場合もある。

また、タイトル全体を組み直す場合もある。

 

この章では、以上となります。

————————————-

ここでは、

「最大数のお客にアピールする方法」についてでした。

——————————————————-

 

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえればと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トリュフ

「脳科学マーケティング100の心理技術」049 甘いお菓子で気分を高揚させる

049 甘いお菓子で気分を高揚させる もしあなたの売る商品が、ぜいたく品とか自分へのご褒美と位置づけらるようなものなら、甘いお菓子で顧客を誘惑してもよい。   これは次の実験により確かめられ …

メンバーズカード

「脳科学マーケティング100の心理技術」035 メンバーズカードで顧客を囲い込む

035 メンバーズカードで顧客を囲い込む 商品やサービスがそれなりの頻度で購買されているとすれば、顧客にメンバーズカードを与え、ロイヤルティープログラムを提供するべきです。   このロイヤル …

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

ローンキャンペーンの美人

「脳科学マーケティング100の心理技術」031 美人モデルを起用する

031 美人モデルを起用する マーケティングにおいて、いろいろな特典、案内方法、心理テクニックを使ったアイデアがうまくいくかは、実際に市場で試してみるしかない。 特定のテクニックがうまくいくだろうとい …

お任せ下さい

「脳科学マーケティング100の心理技術」038 キラー・フレーズを持つ

038 キラー・フレーズを持つ 顧客に信頼してもらいたいなら、広告の最後に、 「お任せください。私たちがお役に立ちます」という短いフレーズを1つ添える事です。自分が信頼に値するということを念を押すこと …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.