コピーライティング ブログ

5-26-2「小スペース広告で利益を上げる方法」後半

投稿日:2017年2月5日 更新日:


ここでは、「小スペース広告で利益を上げる方法」の後半についてで、6つに項目

を示しています。

 

まず最初に、小スペース広告向きの見出しですが、

4.小スペース広告向きの見出し

 小スペース広告向きの見出しで重要なことは、簡潔なことは2の次で、あくまで

 も中身のある内容を伝えることである。

 小スペース広告向きの見出しの表現は、わずかなスペースにたくさんの意味が

 つまってるものである事。

 例えば、

  誰でも身につく、1893年創業、一式込み、10万人がご利用、お試しプラン、

  じぶんを試すチャンス、特別な才能は無用、送金不要。

 

5.小スペース広告向きのビジュアル

 小スペース広告にビジュアルをいれると、それで一杯になるので、よっぽど効

 果がある以外は、そのスペースにコピーを入れたほうが良い。

 

6.「いかにも広告」と「記事広告」

 小スペース広告を作るには、2つの正反対のテクニックがある。

  ①いかにも広告という広告を作る。これは、広告のプロが使うテクニック

   (目を引く見出し、長いコピー、小さめの文字、ぎっしりつまったレイアウ

   ト)をすべて使い、一目で広告とわかる。

  ②編集記事に似た広告を作る。これは、写真入り記事、報道記事に似せて作

   るもので、広告と思わないようにする。

 

7.小スペース広告の成果確認

 広告をテストする。どの広告が効果的か、どの掲載媒体、例えば新聞・雑誌が

   効果的か、1年のどのシーズンが効果的かを調査する。以上より1番効果的な

   広告を、レスポンスのいい新聞・雑誌に、効果のある時期に掲載できるようになる。

 

8.小スペース広告をテストする

 小スペース広告に、どの広告かわかる目印つきのオファーを入れて、テストす

 る。これは、反応がいい広告を知るためである。

 小スペース広告であれば、頻繁に、多くの新聞・雑誌にのせられ、売上アップ

 につながる。

 小さい会社でも小スペース広告であれば使える。

 

9.案内広告で成果を挙げる方法

 案内広告の利点は、低コスト、柔軟性、選択性である。

 新聞社の案内広告で成果を挙げた例として、

 反応の良かった案内広告を復刻するというもの、低コストで掲載できる。

 案内広告を、見込み客のいる場所で打てるだけではなく、適切な項目欄に出

 すことで、絞り込みができる。

————————————

ここで学んだこと

————————————

「小スペース広告で利益を上げる方法」後半について、6つのポイントを説明

 しました。

4.小スペース広告向きの見出し

 中身のある内容を伝えることで、簡潔なことは2の次。

5.小スペース広告向きのビジュアルは入れない方法がいい

6.小スペース広告を作るには、「いかにも広告」と「記事広告」の2種類

7.小スペース広告の成果確認

 広告をテストする。

8.小スペース広告をテストする

9.案内広告で成果を挙げる方法

ここでは、以上となります。

————————————-

ここでは、

「小スペース広告で利益を上げる方法」について、

説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえればと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アンケート依頼

「脳科学マーケティング100の心理技術」045 最初に小さな頼みごとをする

045 最初に小さな頼みごとをする 面倒な頼みごとをする際には、その前に、簡単な小さな頼みごとをするべきです。その小さなリクエストをクリアすることで、次の面倒な頼みも聞くのが筋という潜在意識のようなも …

マジシャン

「脳科学マーケティング100の心理技術」050 マジシャンのスキルを応用する

050 マジシャンのスキルを応用する マジシャンが顧客の注意を引き、つなぎとめておくための以下6つの方法を応用したマーケット手法を示します。   ①人は一度に1つの事にしか注目できないので、 …

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

右側から話す

「脳科学マーケティング100の心理技術」042 顧客には右側から話しかける

042 顧客には右側から話しかける 見込み客に何かをしてもらいたいと思ったら、その人の右耳に話かける事。   これは現実に即した実験によって確かめられています。 大音響のナイトクラブの客の中 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.