コピーライティング ブログ

コピーライティングに関する本の概要まとめ 3回目

投稿日:2017年2月13日 更新日:


ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。

その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ

て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノウハウ)を、述べさせてい

ただきます。

———————————————–

今回は、まとめの3回目となります。

メルマガ、ブログにおいて、「できるだけ多くの見込み客の心に訴えるために、

どうすればいいのか」について説明します。

 

できるだけ多くの見込み客に、広告のコピーを読んでもらうためには、

まず、3つの点が重要になります。

1番目としては、各段落が短いということが重要です。

その段落で言っていることが、理解され易くなるためです。

仮に、長い段落になると、その最初に説明していた点が、

その段落を読み終えるころには、不明確になってしまい、

訴求ポイントという点では、理解がぼやけてしまいます。

 

また、文と文のつながりが滑らかなものとするための工夫をすることで、

理解速度が早まり、読む速度が上がることは重要だと考えます。

この読む流れが出来上がると、一機にコピーの最期まで読んでくれる可能性は高

まります。

 

2番目としては、1行の文が短い方がいいということです。

通常1行は28文字位が、わかり易いという目安になります。

これも、前記と同様に、1行が長い文になると、それを読み終わる頃には、もうそ

の文の主語と述語の関係は不明確になっています。よって極めて分かりずらい,

理解に労力のいる文となるのです。

 

3番目としては、その文を構成する、単語を、非常に単純にわかり易いものを選ぶ

ということです。これの目安は、小学校6年の国語の教科書に載ってるレベルであ

るということです。

仮に、難しい単語(聞いたことのないもの、読めないもの)があると、それを理解す

る(調べる)のに、時間がかかってしまいます。つまり言葉を理解するだけで時間が

かかってしまい、文章の内容を理解するための時間が取られてしまいます。

これでは、読者心理からすれば、ここまでしてどうしてそのコピーを読まなくて

はいけないという心理が働き、読むことを断念すると思われます。

これは、コピーの中身だけではなく、見出しにおいては同様です。

せっかく一生懸命書いたコピーを全く読まれないのでは、非常にもったいないわ

けですから、見出しにおいては、特に気を付けたいものです。

 

上記3つを考慮してもなお、書いたコピー、見出しにおいて、見込み客がその広告の

内容を間違って理解するということが考えられます。

その場合とは、広告の中に、写真等のビジュアルがあり、それが、コピーの内容

から外れているときです。

前回も説明しましたが、写真は文章よりも最初に目に入ってきます。

このため、そのイメージで読み始めてしまうと、文章とのギャップがあった場合

に、フォーカスがぼけてしまいます。

このようなことが無いように、写真と文章のマッチングは吟味しなければいけな

いわけです。

逆に、これをきっちりできれば、その写真によりコピーの中身を推定して、その

文章を理解する事を助ける役目を持つようになるわけです。

なおかつ、写真のキャプチャーは同様に注目されるので、ここにコピーの概要を

うまくまとめることです。そうすれば、すぐに読んでもらえる場所にあるので、

見込み客が読んでみて、そのコピー概要に興味を持った場合には、とてもスムー

スにコピーに移行してくれる可能性があります。

———————————————-

以上、今日は、メルマガ、ブログにおいて、できるだけ多くの見込み客の心に訴

えるために、どうすればいいのかについて記憶に残っているもの(すぐ使えるもの)

を、アウトプットしてみました。

 

これからも、みなさんとともに、一緒に成長していきたいと思いますので、

なんか、不明なことがあれば、コメントください。

これからも、よろしくお願いします。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コカ・コーラ

「脳科学マーケティング100の心理技術」011五感を刺激するブランドをつくる

011 五感を刺激するブランドをつくる 五感に訴えてブランドを覚えてもらうカギは、とにかく一貫性です。 下記の要素を、いつでもどこでも毎回同じように感じさせることです。   このブランディン …

no image

5-18「効くコピーはこう書く」

ここでは、「効くコピーはこう書く」です。 お薦めのコピー13タイプは以下となります。 ①単刀直入なコピー クライアントからの情報をシンプルかつ論理的に説明。 凝った表現やレトリックを全く使わない。 & …

no image

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第2回目

見出し 「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、  実際に情報商材の広告レターを書く場合に、  どんなことに注意すべきか、考えてみました!」 これを、4回にわたり、 …

no image

コピーライティングに関する本の概要まとめ 2回目

ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。 その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノ …

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.