コピーライティング ブログ

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第2回目

投稿日:2017年2月18日 更新日:


見出し

「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、

 実際に情報商材の広告レターを書く場合に、

 どんなことに注意すべきか、考えてみました!」

これを、4回にわたり、掲載したいと思います。

———————————————————–

第2回目は、

前回までの話してきたコピーライティングの本を読んだ結果、自分に身についた

コピーライティングスキルにより、具体的に、ネットビジネスの

情報商材の広告レターを書く場合に、どのようにするのかを

考えてみました。

 

情報商材の広告レターを書く場合に、まずその構成を考え、

その各々の構成要素に対して、重要なポイントを考えてみました。

このときの重要なポイントを形成する情報は、私がこの9か月間

メルマガを読んできて、そこにあるいろいろな商品の広告レター

の中にある特徴的な情報になります。

つまり、その情報の中で記憶に残っているものを明記しています。

 

まず、基本構成は、4つからなります。

1.見出し

2.小見出し

3.コピー

4.追伸

となります。


この第2回目では、3番目の「コピー」の全10ステップのうち、

第1から第5ステップについて、構成の説明、及び重要なポイントを、

考えていきたいと思います。

———————————————————–

3.コピー

  <第1ステップ> 出だしが重要となります。

  この「出だし」の部分は、「見出し」の言葉により、商品

  に対してイメージされたものを、引き継ぐ重要な部分となります。

  よって、「出だし」では、「見出し」のベネフィットに

  関するキーワードを使って、商品を詳しく説明する目的が

  あります。

  「見出し」で「申込み人数限定」ということを明記した場合に、

  それをうけついで、「出だし」では、その理由を詳細

  に説明します。

  例えば「出だし」では、「申込み人数限定にするのは、少数精鋭

  にして、全員が早く目標達成してもらいたい」というふうに説明

  するわけです。


 <第2スッテップ> コピーにおける、「出だしの次」の部分

  においてであり、

  その商品のベネフィットの部分をより詳しく、つまり、

  役に立つもの、新規性、好奇心をそそるものの、

  いずれかを、明記します。

  つまり、見込み客においてのベネフィットを詳しく説明します。

  他の商品とは、かなり違う優位性(役に立つ、新規性、好奇心)

  を説明し、見込み客に対して、商品に関心を持ってもらうよう

  にします。



 <第3ステップ> 次に、この商品に対して、専門的知識を持って

  いることを強調します。

  例えば、「学習塾を15年経営していました。教えることは、プロ

  です。」というふうに、その商品の売りとなる部分「教えること

  がプロ」という部分を強調します。

  これにより、専門性が強調されますので、非常に読者に対して、

  信用を勝ち取ることができます。



 <第4ステップ> その商品の内容等の説明します。

  具体的には、情報商材ですので、その教材の学習スケジュール、

  講師、受講料、募集人員等となります。



 <第5ステップ> 情報商材ですので、特に、この教材の

  学習スケジュールについては、詳しい流れを説明します。

  この学習スケジュールの流れは、基本的には5つです。

   ①現状把握(ポジショニング:自分は現在どこにいるのか)

   ②ビジョンを明確にする。(目的とか、ゴールとか)

   ③マインドセットをする

   (潜在意識にあるべきもの。例えば相手の感情を理解する。

   これにより、相手の立場にあった商品となる。)

   ④具体的な行動を学ぶ。(2つあります。

   コピーライティング、マーケティング(セールス))

   ⑤学んだことを実践していく。

    ⅰ)言われたことをまねする。(素直になる)

    ⅱ)それから、応用する。

    ⅲ)独自の手法を作り出す。


 以上になります。

———————————————————–

以上、2回目の説明を、終わりたいと思います。

これからも、みなさんとともに、一緒に成長していきたいと思いますので、

よろしくお願いします。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アンケート依頼

「脳科学マーケティング100の心理技術」045 最初に小さな頼みごとをする

045 最初に小さな頼みごとをする 面倒な頼みごとをする際には、その前に、簡単な小さな頼みごとをするべきです。その小さなリクエストをクリアすることで、次の面倒な頼みも聞くのが筋という潜在意識のようなも …

no image

5-22「こうすればもっと問合せが増える32の方法」前半

ここでは、「こうすればもっと問合せが増える32の方法」です。 広告では、多くの問合せを確保したほうがいい場合があります。 広告で問合せが増える32の方法のうち、前半の16の方法を以下に示します。 &n …

no image

5-11「どんな見出しが1番注目されるか」

ここでは、「どんな見出しが1番注目されるか」です。 見出しの効果を学んで活用することは、媒体が変わろうが、時代が変わろう が、変わらないものです。  各分野で抜群の効果を上げた10本の見出しに共通する …

005お値打ち感を出す

「脳科学マーケティング100の心理技術」005お値打ち感を出す

005 お値打ち感を出す 商品を購入する際に、価格が適正であるかを判断して、高すぎる場合には、痛みを感じることを002、003で説明しました。 ここでは、この適正かどうかの判断基準について「アンカーリ …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(6回目)「脳が喜ぶ接客スキル」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第6回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.