コピーライティング ブログ

5-22「こうすればもっと問合せが増える32の方法」前半

投稿日:2017年1月31日 更新日:


ここでは、「こうすればもっと問合せが増える32の方法」です。

広告では、多くの問合せを確保したほうがいい場合があります。

広告で問合せが増える32の方法のうち、前半の16の方法を以下に示します。

 

1.オファー(提示)を見出しに入れる 

 例:「太りすぎでお悩みの方へ」を

  「太りすぎでお悩みの方に無料で」

   とすると問合せアップ可能。

 

2.「無料」という言葉を強調する 

 「無料」という文字を大きくしたり太文字にしたりする。

 

3.オファーを小見出しに入れる

 例:小見出しを、広告の中ほどか、最後の方にもってきて、

   「パンフレットをご請求ください」

 

4.パンフレットやサンプルを写真で見せる

 パンフレットやサンプルを大きくのせる。

 問合せの多いレイアウトには、パンフレットやサンプルの写真の横か下に

 「無料」と入っている。

 

5.オファーをコピーの冒頭で説明する

 無料パンフレットの説明について、冒頭と最後に、説明すると

 効果が高い。

 

6.パンフレットのタイトルで引きつける

 パンフレットのタイトルは請求してもらえるかどうかの決定要因。

 

7.提供するパンフレットを効果的に説明する

 コピーの中に、パンフレットの目次をまるまる入れる。

 

8.パンフレットに有名人のまえがきを入れる

 

9.利用者の証言を入れる

 広告の中に、その利用者の証言を入れる。

 

10.オファーに色(追加)をつける

 無料パンフレットのほかに無料プレゼントを追加する。

 

11.応募用紙(クーポン)を入れる

 広告にクーポンを入れると、オファーを、はっきりわかりやすく

 見せられる。

 

12.クーポン自体の価値を明記する

 広告のクーポンに「10セント相当」など、金額を明記する。

 

13.クーポンにもセールスコピーを入れる

 

14.どの広告にも応募先は2か所に入れる

 クーポンが切り取られても応募先がわかるように、クーポン以外

 の場所を含めて、2か所に記載すること。

 

15.電話番号を入れる

 フリーダイヤルならなお良い。

 フリーダイヤル番号を用意することで、目立つうえ、その見込み客の質も上がる。

 

16.注文用のFAX番号を目立たせる

 できるだけフリーダイヤルにする。

 フリーダイヤルをクーポンのすぐ上にのせる。

 

————————————

ここで学んだこと

————————————

こうすればもっと問合せが増える32の方法の前半16の方法です。

1.オファー(提示)を見出しに入れる

2.「無料」という言葉を強調する

3.オファーを小見出しに入れる

4.パンフレットやサンプルを写真で見せる

5.オファーをコピーの冒頭で説明する

6.パンフレットのタイトルで引きつける

7.提供するパンフレットを効果的に説明する

8.パンフレットに有名人のまえがきを入れる 

9.利用者の証言を入れる

10.オファーに色(追加)をつける

11.応募用紙(クーポン)を入れる

12.クーポン自体の価値を明記する

13.クーポンにもセールスコピーを入れる

14.どの広告にも応募先は2か所に入れる

15.電話番号を入れる

16.注文用のFAX番号を目立たせる

ここでの前半は、以上となります。

————————————- 

ここでは、

「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の前半について、

 説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえればと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

赤ちゃん

「脳科学マーケティング100の心理技術」029 広告には赤ちゃんの写真を入れる

029 広告には赤ちゃんの写真を入れる 広告に注意を引きたければ赤ちゃんの写真をを使うとよい。   これは、昔からいわれてきたが、ここにきて脳の活動を瞬時に測定できる脳磁図によって、正しいこ …

amazon

「脳科学マーケティング100の心理技術」010選択肢をむやみに増やさない

010 選択肢をむやみに増やさない 豊富な品ぞろいを見せるために、選択肢を増やすことは避けるべきです。選ぶのに疲れてしまい、その後の判断が困難となり、購入に至らなくなることがあるからです。 &nbsp …

アンケート3

「脳科学マーケティング100の心理技術」026 シンプルな書体を使う

026 シンプルな書体を使う 顧客に何かをしてもらいたい場合には、読みやすいシンプルな書体で、シンプルな言葉と文章構成を使った方がよい。そうすれば関単にできそうだと思ってもらう事ができるからです。 & …

no image

5-26-1「小スペース広告で利益を上げる方法」前半

ここでは、「小スペース広告で利益を上げる方法」の前半について、3つの項目 を示しています。   まず最初に、小スペース広告の制約が10個あることを示します。 1.小スペース広告の10の制約 …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(7回目)「脳が喜ぶセールステクニック」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第7回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.