コピーライティング ブログ

5-23「こうすればもっと問合せが増える32の方法」後半

投稿日:2017年2月1日 更新日:


ここでは、「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の後半です。

広告では、多くの問合せを確保したほうが、いい場合があります。

広告で問合せが増える32の方法のうち、後半の16の方法を以下に示します。

 

17.「購入義務は一切ない」ことを強調する

 コピーやクーポンで使える表現例。

 例:これによって購入義務は一切発生しません

 

18.ある種の情報は中身がわからないようにして送る

 例:

  ①補聴器の情報 

  ②個人ローン情報 

  ③健康衛生についての情報

 

19.いますぐ行動するように促す

 いますぐ行動した人に、特典をつける。

 例:いますぐお名前をお送りください。無料セットをお送りします

 その他行動を促す表現として、

 「数に限りがあります」「期間限定」など。

 

20.料金受取人払の返信はがきをつける

 広告のすぐ隣に料金受取人払いの返信はがき(切手がいらない)を

 つける。

 コストもかかるので、テストして費用対効果のあるやり方を見つける。

 

21.2つ折りクーポン(返信はがき)を入れる

 通常の2倍の大きさのクーポン(返信はがき)を広告に入れる。

 

22.新聞折込を利用する

 単独の折込広告は、通常の広告より費用はかさむが、注目度は高い。

 長いコピーも可能だし、切手不要で送れる注文用紙を入れられる。

 

23.オファーを何種類かテストしてみる

 (第1案)

 2種類以上の異なるオファーを、1種類の新聞、雑誌に出してテスト

 する。

 1番反応が良かったオファーを、今度は、掲載予定の新聞、雑誌

 すべてにのせる。

 (第2案)

 クーポンで2種類以上のオファーを提供する。

  例:ご希望のサンプルに印をつけてください。

     _床ワックス缶のサンプル

     _磨き布のサンプル

 これで、最も効果のあったオファーを、今後の広告の前面に

 押し出す。

 

24.広告を何種類かテストする

 最も効果のあったオファーがわかったら、そのオファーをのせた

 広告を何種類かテストする。

 同じオファーの広告を数種類出していると、ある広告は見出しや

 写真のおかげで他の広告よりも問合せが2倍にもなる。

 今度は最も効果のあった広告を、全てのメディアに掲載してみる。

 

25.最適の媒体を利用する

 最適の媒体を、メディア専門会社に聞くとか、ときには広告を出稿

 して媒体テストを行う必要がある。

 

26.いろいろな層からおいしいとこ採りする

 新聞・雑誌なら掲載紙/誌をかえて、いろいろな層を獲得する。

 

27.最も効果的な広告サイズを選ぶ

 広告するものが、どのサイズが最も効果的か、様々なサイズの広告

 をテストしてみる。

 

28.長いコピー

 簡潔なリマインダーコピー(覚えてもらえるよう印象づけるコピー)とか、

 キャッチフレーズしかない広告よりも、商品の事実と相手にとってのベネ

 フィットが詰まった長いコピーのほうがよい。

 通販カタログや通販広告が代表的で、文字が小さくなることをためらわず、

 伝えれば伝えるほど売れるということ。

 

29.1番効果的なシーズンを活用する

 通販広告のレスポンスが大きいのは、9月からクリスマスシーズンを経た

 1~3月までで、8月の2倍である。

 新聞広告では、日曜日が平日の40%多い応募がある。

 

30.新聞・雑誌の1番効果的な場所に掲載する

 掲載位置と広告効果の間には関係がある。

 新聞の場合、分野が一致した広告を同ページにのせれば効果がある。

 ページとしては、2面、3面、最終面が効果が高い。同ページでも、下部

 より上部となる。

 

31.通販のカギつき広告を研究する

 書きたい分野の広告の経験がなければ、その分野の広告の「カギ(識別記号)

 つき広告」を研究することが重要。 

 通販広告は、通販ビジネスの存続そのものに影響するので、とても参考になる。

 1番効果のあった広告を知りたければ、雑誌のバックナンバーをみてみる。

 また、最適な媒体を知りたければ、1番お金をかけている媒体を注目する。

 

32.結果を記録する

 各広告の基本事項、つまり、見出し、広告サイズ、広告費、掲載紙、掲載日、

 掲載位置、問合せ数や売上を記入する。広告費を問合せ数や売り上げで割って、

 その数字を各広告の情報カードの1番上に記入する。

 1レスポンスあたりのコストが低い順にカードを並べなおす。

 これを定期的に見直し、各企画に最適な広告と媒体を決定する。

 こうすれば、失敗を防ぎ、何度でも成功する、宣伝計画を立てることがでる。

 

————————————

ここで学んだこと

————————————

「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の後半の16の方法です。

17.「購入義務は一切ない」ことを強調する

18.ある種の情報は中身がわからないようにして送る

19.いますぐ行動するように促す

20.料金受取人払の返信はがきをつける

21.2つ折りクーポン(返信はがき)を入れる

22.新聞折込を利用する

23.オファーを何種類かテストしてみる

24.広告を何種類かテストする

25.最適の媒体を利用する

26.いろいろな層からおいしいとこどりする

27.最も効果的な広告サイズを選ぶ

28.長いコピー

29.1番効果的なシーズンを活用する

30.新聞・雑誌の1番効果的な場所に掲載する

31.通販のカギつき広告を研究する

32.結果を記録する

 

以上となります。

————————————- 

ここでは、

「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の後半について、

 説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえれば

と思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-26-1「小スペース広告で利益を上げる方法」前半

ここでは、「小スペース広告で利益を上げる方法」の前半について、3つの項目 を示しています。   まず最初に、小スペース広告の制約が10個あることを示します。 1.小スペース広告の10の制約 …

ホットコーヒーで打合せ

「脳科学マーケティング100の心理技術」048 コーヒーでおもてなしする

048 コーヒーでおもてなしする セールスの見込み客に会うときは、温かいコーヒーを一緒に飲もう。そのほうが、自分が温かい性格に映るし、相手もより気前が良く、お人よしになってくれるのです。   …

001顧客の潜在意識に訴える

「脳科学マーケティング100の心理技術」001顧客の潜在意識に訴える

001 顧客の潜在意識に訴える 人間の意識においては、顕在意識は氷山の一角でありわずか5%を占めており、残りの95%が潜在意識となります。   一般的に、商品を売り込む際に、広告ちらしなどで …

高級メニュー

「脳科学マーケティング100の心理技術」027 高級品は知的さをアピールする

027 高級品は知的さをアピールする 料理などが高級品であるとアピールするには、その言葉の書体を複雑にすることと、その説明を難しくすることです。   例えば、「レストランのメニュー」であるが …

共感

「脳科学マーケティング100の心理技術」039 商品を無料でお試ししてもらう

039 商品を無料でお試ししてもらう 自分が顧客に信頼してもらいたいのであれば、先ず自分から信頼を示すことです。 「自分はあなたを信頼しています」と顧客に、はっきりと示すことで、顧客の脳内にオキシトシ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.