コピーライティング ブログ

5-28-2「広告をテストする17の方法」第2回目

投稿日:2017年2月8日 更新日:


ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。

全体を4分割して、今回は第2回目(4回中の)となります。

ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、

どんなビジュアルが注目を集めるのか、

どんな訴求ポイントで多くの商品が売れるのか、

どんなコピーが1番効果的に説得して、商品を買ってもらえるのか

を、テストによって、科学的に調査する方法が書かれています。

この方法は、長年の経験と莫大な費用によって、考え出された方法です。

以下に、この「広告をテストする17の方法」の17個の内5~7までについて示します。

 

5.クーポンつき広告と販売員訪問の組合せでテストする方法

 高価な商品の広告テストの場合は、クーポンで、無料パンフレットの提供を呼

 びかけ、応募してきた見込み客を販売員が訪問するという方法。

 この方法は、テスト対象の各広告の宣伝効果を2重チェックできる。

 まず、返送されてきたクーポンを広告ごとに数えることができる。

 次に、広告ごとの、実際に売り上げた点数を数えることができる。

 

6.サンプルやカタログを提供するクーポンつき広告をテストする方法

 一般消費財(化粧品、家庭用品)の広告主は、クーポンについているカタログ

 やサンプルの配布の効果や、コピーの宣伝効果を調べることに関心がる。

 この種のテスト法には2種類ある。

  ①コピーをテストする方法。代表的な新聞・雑誌1社を選んで、

   そこで、新しい広告のすべての事前テストをする。1番反応が

   よかった広告を他のすべての新聞・雑誌に掲載する。

  ②クーポンをテストする方法。すべてのクーポンに識別番号を付けて

   クーポンの返送数と、1クーポンあたりの広告費用を記録する。

 このデータより、どの広告と,どの新聞・雑誌が反応がいいのかがわかる。

 

7.ブラインドオファーを入れた広告をテストする方法

 ブラインドオファーとは、

 オファーをあえて目立たないようにコピーに入れること。

 反応の度合いで、その広告がどの程度読んでもらえたか測定する。

 このブラインドオファーを使ったほうがいい場合は、

  ①あまり多くの応募を望まない

  ②応募マニアの応募を避けたい

  ③広告が実際に読まれているか知りたい

 という場合である。

 このテストをする際に、どんなオファーにするか悩んでいる場合があるが、ほ

 とんど場合、以下の2点が使える。

  ①商品のサンプル

  ②商品サービスについてのパンフレット

 ブラインドオファーのコピーテストで応募が得にくいケースでの、お薦め改善

 方法は、以下に8つ示す。

  ①サンプルやパンフレットを有料ではなく無料で提供する

    例えば、頭痛薬であるが、あまり多くの応募者を望まなかったの

    で、ブラインドオファーを入れたコピーを掲載した。

    このとき、予定の100件に満たず、そこで、このオファーを完全無

    料としたら、目標の100件を達成した。

  ②オファーの値打ちを強調する。例「100円分入り小ビン」

  ③無料プレゼントを入れて、オファーに色をつける。

  ④優れた特徴を挙げて、興味をそそるようにオファーを説明する 

    オファーするパンフレットの魅力を説明したら、5倍以上に反応

    があった。

  ⑤新聞なら、平日ではなく、日曜日に掲載する。

  ⑥より発行部数の多い新聞・雑誌でテストをする。

  ⑦広告をテストする掲載誌を増やす。

  ⑧広告のサイズを大きくする。

————————————

ここで学んだこと

————————————

「広告をテストする17の方法」の17個の内5~7までについて、

5.クーポンつき広告と販売員訪問の組合せでテストする方法

 高価な商品の広告テストの場合は、クーポンで、無料パンフレットの提供を呼

 びかけ、応募してきた見込み客を販売員が訪問するという方法をる。 

6.サンプルやカタログを提供するクーポンつき広告をテストする方法

 クーポンつき広告テスト方法には2種類ある。

  ①コピーをテストする方法。

  ②クーポンをテストする方法。

 このデータより、どの広告と、どの新聞・雑誌が、反応がいいのかがわかる。

7.ブラインドオファーを入れた広告をテストする方法 

 ブラインドオファーとは、

 オファーをあえて目立たないようにコピーに入れること。

 反応の度合いで、その広告がどの程度読んでもらえたか測定する事ができる。

 このテストをする際に、どんなオファーにするか悩んでいる場合があるが、ほ

 とんど場合、以下の2点が使える。

  ①商品のサンプル

  ②商品サービスについてのパンフレット

 ブラインドオファーのコピーテストで応募が得にくいケースでの、お薦め改善

 方法は、以下に8つ示す。

  ①サンプルやパンフレットを有料ではなく無料で提供する

  ②オファーの値打ちを強調する。例「100円分入り小ビン」

  ③無料プレゼントを入れて、オファーに色をつける。

  ④優れた特徴を挙げて、興味をそそるようにオファーを説明する  

  ⑤新聞なら、平日ではなく、日曜日に掲載する。

  ⑥より発行部数の多い新聞・雑誌でテストをする。

  ⑦広告をテストする掲載誌を増やす。

  ⑧広告のサイズを大きくする。

ここでは、以上となります。

————————————- 

ここでは、

「広告をテストする17の方法」の17個の内5~7までについて、

 説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。
私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。
現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

005お値打ち感を出す

「脳科学マーケティング100の心理技術」005お値打ち感を出す

005 お値打ち感を出す 商品を購入する際に、価格が適正であるかを判断して、高すぎる場合には、痛みを感じることを002、003で説明しました。 ここでは、この適正かどうかの判断基準について「アンカーリ …

シェービング

「脳科学マーケティング100の心理技術」008おとりの商品を用意する

008 おとりの商品を用意する 脳は絶対的な判断をするのは苦手であるが、相対的な判断、つまり比較による判断を得意とします。 これを利用したものとして、イチ推しの商品を進めるために、それとほぼ同様な商品 …

no image

コピーライティングに関する本の概要まとめ 4回目

ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。 その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノ …

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(7回目)「脳が喜ぶセールステクニック」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第7回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.