コピーライティング ブログ

5-12「効く見出しはこう書く」

投稿日:2017年1月22日 更新日:


ここでは、「効く見出しはこう書く」です。

効果的な見出しを書く5つのルールとして

①得になる

②新情報

③好奇心を刺激するだけでは終わらない

④明るい面、プラス面から見て書く

⑤手っ取り早く簡単(信頼できる内容で)

となります。

 

次に、ここでの重要な内容ですが、

見出しを書くヒントとして、「効果はテストで実証済みの13のアドバイス」

を以下に示します。

①仮に自分が買う場合の理由を短い言葉で表現

②見出しを短くしようとしすぎない。言いたいことを伝えるほうが重要で長くなっ

 てもよい

③「生気のない」見出しを書かないように

④「お利口すぎる」見出しも避ける

⑤中身のない見出しもダメ

⑥コピーに役立つ情報があることを見出しで伝える

⑦1番重要なポイントを見出しに入れる。見出しで関心を引きたい特定層の心をつか

 む

⑧「得になる」見出しに「好奇心」を盛り込む。

⑨ただ事実を伝えるだけの見出しは効果がない

⑩広告の1番下にある広告主のロゴも、見出しの一部になる

⑪ロゴについて言えることが、広告で使うビジュアルにもいえる。ビジュアルは見出し

を補い、はっきりさせる

⑫「わかりにくい」、つまり考えなければならない見出しは避ける

⑬見出しのない広告をだしてはいけない

以上、コピーを読んでもらいたなら、読むべき説得力のある理由を

まず見出しの中に示すことです。

上記の②番目の場合の

長い見出しになった場合の処理の仕方としては

見出しの中の重要な言葉だけを大きくしたり、極太にしたりするといことです。

理由としては、

①強調する言葉の文字の大きさそのものが、相手の注意を引く役割。

②大勢の中から、商品の見込み客となる特定層を絞り込める。

③簡潔にメッセージが伝わる。どんなに速くページをめくろうと見落とされない。

 

そのほかに

見出しを書くコツとしては

・見出しをたくさん書いてから選ぶ

・一晩寝かせ、次の日にまた読んでみる

・広告にうんざりしている消費者の立場で考える

・自分では完璧にわかっている見出しでも、他人にはわけがわからない場合が

あるので、他人の意見を聞く。

 

以上、ここでは、「効く見出しはこう書く」でした。


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

交流

「脳科学マーケティング100の心理技術」037 顧客の話をトコトン聞く

037 顧客の話をトコトン聞く 顧客との関係において、大口を優先的に接触するなどの効率性を求める事と同様に、接触する時間とその交流の質を高めることで信頼関係を構築する事が重要です。   ここ …

手荷物カート

「脳科学マーケティング100の心理技術」020広告で露出を増やす

020 広告で露出を増やす サブリミナル(潜在意識の)効果による広告露出が重要であることがわかりました。   一般には広告が機能する仕組みは、顕在意識に訴えて、顧客の関心や注意を引き、そこに …

no image

5-16「熱意を込めてコピーを書く方法」

ここでは、「熱意を込めてコピーを書く方法」です。 コピーライターにとって、1番難しいのが、書き出しの部分であり、なか なか書き出せないため、熱意は必要である。 書き始めが難しい3つの理由としては、 ① …

赤ちゃん

「脳科学マーケティング100の心理技術」029 広告には赤ちゃんの写真を入れる

029 広告には赤ちゃんの写真を入れる 広告に注意を引きたければ赤ちゃんの写真をを使うとよい。   これは、昔からいわれてきたが、ここにきて脳の活動を瞬時に測定できる脳磁図によって、正しいこ …

スタバックス

「脳科学マーケティング100の心理技術」013特別感を演出する

013 特別感を演出する 五感マーケティング力を高めるためには、コーヒーの小売業者を参考にすべきです。 この業者は、あらゆる視点から五感に訴求する方法を実践テストしています。   例えば、ス …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.