コピーライティング ブログ

5-12「効く見出しはこう書く」

投稿日:2017年1月22日 更新日:


ここでは、「効く見出しはこう書く」です。

効果的な見出しを書く5つのルールとして

①得になる

②新情報

③好奇心を刺激するだけでは終わらない

④明るい面、プラス面から見て書く

⑤手っ取り早く簡単(信頼できる内容で)

となります。

 

次に、ここでの重要な内容ですが、

見出しを書くヒントとして、「効果はテストで実証済みの13のアドバイス」

を以下に示します。

①仮に自分が買う場合の理由を短い言葉で表現

②見出しを短くしようとしすぎない。言いたいことを伝えるほうが重要で長くなっ

 てもよい

③「生気のない」見出しを書かないように

④「お利口すぎる」見出しも避ける

⑤中身のない見出しもダメ

⑥コピーに役立つ情報があることを見出しで伝える

⑦1番重要なポイントを見出しに入れる。見出しで関心を引きたい特定層の心をつか

 む

⑧「得になる」見出しに「好奇心」を盛り込む。

⑨ただ事実を伝えるだけの見出しは効果がない

⑩広告の1番下にある広告主のロゴも、見出しの一部になる

⑪ロゴについて言えることが、広告で使うビジュアルにもいえる。ビジュアルは見出し

を補い、はっきりさせる

⑫「わかりにくい」、つまり考えなければならない見出しは避ける

⑬見出しのない広告をだしてはいけない

以上、コピーを読んでもらいたなら、読むべき説得力のある理由を

まず見出しの中に示すことです。

上記の②番目の場合の

長い見出しになった場合の処理の仕方としては

見出しの中の重要な言葉だけを大きくしたり、極太にしたりするといことです。

理由としては、

①強調する言葉の文字の大きさそのものが、相手の注意を引く役割。

②大勢の中から、商品の見込み客となる特定層を絞り込める。

③簡潔にメッセージが伝わる。どんなに速くページをめくろうと見落とされない。

 

そのほかに

見出しを書くコツとしては

・見出しをたくさん書いてから選ぶ

・一晩寝かせ、次の日にまた読んでみる

・広告にうんざりしている消費者の立場で考える

・自分では完璧にわかっている見出しでも、他人にはわけがわからない場合が

あるので、他人の意見を聞く。

 

以上、ここでは、「効く見出しはこう書く」でした。


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-28-2「広告をテストする17の方法」第2回目

ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。 全体を4分割して、今回は第2回目(4回中の)となります。 ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、 どんなビジュアルが注目を集め …

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

赤ちゃんの視線の先

「脳科学マーケティング100の心理技術」030 モデルの目線は商品に合わせる

030 モデルの目線は商品に合わせる 前回示したように、赤ちゃんの顔は人の目を引くが、必ずその顔が、見出しや商品写真など、顧客に見てほしい広告の主役の方を向いているようにすることです。   …

右側から話す

「脳科学マーケティング100の心理技術」042 顧客には右側から話しかける

042 顧客には右側から話しかける 見込み客に何かをしてもらいたいと思ったら、その人の右耳に話かける事。   これは現実に即した実験によって確かめられています。 大音響のナイトクラブの客の中 …

no image

コピーライティングに関する本の概要まとめ 2回目

ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。 その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.