コピーライティング ブログ

5-18「効くコピーはこう書く」

投稿日:2017年1月27日 更新日:


ここでは、「効くコピーはこう書く」です。

お薦めのコピー13タイプは以下となります。

①単刀直入なコピー

クライアントからの情報をシンプルかつ論理的に説明。

凝った表現やレトリックを全く使わない。

 

②エピソードコピー

人の興味をそそるエピソードから始まるもの。

その後に「だからこの広告の商品を買いなさい」と

教訓がくる。

 

③「あなたと私」コピー

プロのコピーライターには書くのが難しいスタイルの1つ。

自分で売り込む人には1番書きやすいスタイル。

打ちとけた気さくな感じで、セールスマンがお客に話しかけるような感じで書く。

このコピー作成手順は、まずクライアントの話を録音し、その書き

お越し、その矛盾点を直し、販売に関する詳細を加えるというもの。

 

④想像力をふくらませるコピー

想像力に富んだ言葉で説明して相手の関心を高める。

 

⑤事実そのものずばりコピー

その商品に関して、できるだけ多くの事実を伝えてること。

 

⑥事実+独自スタイルのコピー

特に高級商品を宣伝するときに効果。

売り文句に独自のスタイルがある。

例えば、文から文へよどみなく流れ、文章に事実と売りがあるようなの。

 

⑦ありのままを伝えるコピー

短所があることも素直に認める方法。

 

⑧ベタ褒めコピー

思い切って、できるだけ大声で自画自賛すること。

裏付けとなる事実がある場合に効果的となる。

 

⑨署名入りコピー

自社製品について、メーカー自身が、署名入りでコメント

を出すこと。

 

⑩書籍タイトル風コピー

コピーの中に、本のタイトルを入れる。

本のタイトルは、一般的に誰もが興味のある、セックス、宗教、スポーツ、

通俗心理学、科学という関心事に関し、短い言葉で凝縮されるているから。

これにより、人を引き付ける広告の訴求ポイントになる。

 

⑪ティーザーコピー(じらしコピー)

売り込むのではなく、一見、やめておけと言わんばかりのコピー。

このコピーの効果は、意外性にある。

 

⑫記事広告コピー

クライアントが新聞か雑誌の広告スペースを買い、そこに、

通常の記事のように書く。

同じ商品の広告方法を変えてみるときにたまに使う。

 

⑬競合比較コピー

昔は違うが、現在は、「お薦め」の方法。

 

次に、慎重に使うべきコピー3タイプ(疑問の余地のあるもの)

⑭名刺コピー

コピー全体が、名刺にでも、簡単に印刷できそうな広告。

あまりに簡潔で、全面広告のスペースを使っていない。

儲けの出るコピーは、200ワード以上必要。

 

⑮お利口コピー

むなしい努力になるので、コピーでかっこつけないほうが良い

 

⑯ユーモラスなコピー

ユーモアのセンスは個人差があり、潜在見込み客を限定してしまう。

 

次は、避けるべきコピー3タイプ(絶対に薦めないもの)

⑰詩的なコピー

ライターの自己PRでしかない。

 

⑱きざなコピー

相手に強烈な印象を与えようとすると、大げさなばかりで、

現実味がない。

 

⑲信じてもらえないコピー

広告の制作に携わる人は、社会の人々に対して責任を負って

いる。人は広告を信頼しているから。

————————————

ここで学んだこと

————————————

効果のあるコピーを書くためには、以下の13の方法がある。

①単刀直入なコピー

②エピソードコピー

③「あなたと私」コピー

④想像力をふくらませるコピー

⑤事実そのものずばりコピー

⑥事実+独自スタイルのコピー

⑦ありのままを伝えるコピー

⑧ベタ褒めコピー

⑨署名入りコピー

⑩書籍タイトル風コピー

⑪ティーザーコピー(じらしコピー)

⑫記事広告コピー

⑬競合比較コピー

————————————-

以上、ここでは、「効くコピーはこう書く」でした。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきます。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえればと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ホットコーヒーで打合せ

「脳科学マーケティング100の心理技術」048 コーヒーでおもてなしする

048 コーヒーでおもてなしする セールスの見込み客に会うときは、温かいコーヒーを一緒に飲もう。そのほうが、自分が温かい性格に映るし、相手もより気前が良く、お人よしになってくれるのです。   …

no image

5-16「熱意を込めてコピーを書く方法」

ここでは、「熱意を込めてコピーを書く方法」です。 コピーライターにとって、1番難しいのが、書き出しの部分であり、なか なか書き出せないため、熱意は必要である。 書き始めが難しい3つの理由としては、 ① …

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

United航空

「脳科学マーケティング100の心理技術」015 ブランドにあったテーマ曲を作る

015 ブランドにあったテーマ曲を作る オーディオブランディングは、先ず独自のブランド音を見つける事と、 それより大事なのは、そのブランド音を一貫して使い続けることです。 それにより顧客に認識してもら …

コカ・コーラ

「脳科学マーケティング100の心理技術」011五感を刺激するブランドをつくる

011 五感を刺激するブランドをつくる 五感に訴えてブランドを覚えてもらうカギは、とにかく一貫性です。 下記の要素を、いつでもどこでも毎回同じように感じさせることです。   このブランディン …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.