コピーライティング ブログ

5-17「コピーの出だしはこう書く」

投稿日:2017年1月26日 更新日:


ここでは、「コピーの出だしはこう書く」です。

いい出だしのコピーを書くコツは、

①他人に見てもらう。

②1日、2日おいて見直す。

③すべての説明文を「この物語は~」か「この本は~」で始め、あとか

らその部分を削除する。

 

見出しで読者の興味を引いた後に、出だしでもどうやってその関心を惹

きつけたままでいられるかを、発行部数世界1の雑誌「リーダー ズダイジ

ェスト」で調査。

その結果、効果的な「6つの同じ型」が何度も繰り返されている

ことが分かった。それは、

①「ハッとすること」とでも言える文で始まっている。

意表を突くような話や奇抜な仕掛けで、つまらない、という壁を打ち破る。

②もっと衝撃的に「ギョっとすること」

③ニュースネタ

④予告

雑誌の出だしによくつかわれるが、記事の内容を簡単に予告する文。

⑤引用

⑥エピソード

「リーダーズ・ダイジェスト」の記事の半分以上が何らかの「エピソー

ド」で始まっている。

以上から、「リーダーズ・ダイジェスト」の記事の出だしの表現で注目

すべき点は、

①事実がたくさん詰まっている

②簡潔な文体

③具体的である

④形容詞が少ない

⑤好奇心をかき立てる

という事。

 

出だしを効果的に書く3つのルールとしては、

①冒頭部を短くする。長いと読む気が失せる。

②見出しで言った内容を冒頭で続ける。

③その商品を買って得られる1番の、あるいは複数の重要な

利益を短い言葉で伝える。

 

まとめ

基本的な出だしは共通で、最初の文ですぐに要点に入り、

具体的な日時や事実を挙げて、「見出し」を詳しく説明

している点であること。

以上、ここでは、「コピーの出だしはこう書く」でした。


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

BGM

「脳科学マーケティング100の心理技術」014心地よくなるBGMを流す

014 心地よくなるBGMを流す 販売している商品に合わせて、効果的な音楽を選んで、BGMとして流すと売上がアップにつながります。   例えば、ワインですが、そのお店でのBGMがフランスのも …

自信満々

「脳科学マーケティング100の心理技術」044 自信満々で説得する

044 自信満々で説得する 人に何かを勧めるときに、その人の信頼を得るには、正確さよりも、自信に満ちた振る舞いのほうが効力を発揮することがわかりました。   これは以下の実験により明らかにな …

Microsoft-vs-Apple

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

022 共通の敵をつくる 自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。   自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。 このドライブとい …

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.