コピーライティング ブログ

5-17「コピーの出だしはこう書く」

投稿日:2017年1月26日 更新日:


ここでは、「コピーの出だしはこう書く」です。

いい出だしのコピーを書くコツは、

①他人に見てもらう。

②1日、2日おいて見直す。

③すべての説明文を「この物語は~」か「この本は~」で始め、あとか

らその部分を削除する。

 

見出しで読者の興味を引いた後に、出だしでもどうやってその関心を惹

きつけたままでいられるかを、発行部数世界1の雑誌「リーダー ズダイジ

ェスト」で調査。

その結果、効果的な「6つの同じ型」が何度も繰り返されている

ことが分かった。それは、

①「ハッとすること」とでも言える文で始まっている。

意表を突くような話や奇抜な仕掛けで、つまらない、という壁を打ち破る。

②もっと衝撃的に「ギョっとすること」

③ニュースネタ

④予告

雑誌の出だしによくつかわれるが、記事の内容を簡単に予告する文。

⑤引用

⑥エピソード

「リーダーズ・ダイジェスト」の記事の半分以上が何らかの「エピソー

ド」で始まっている。

以上から、「リーダーズ・ダイジェスト」の記事の出だしの表現で注目

すべき点は、

①事実がたくさん詰まっている

②簡潔な文体

③具体的である

④形容詞が少ない

⑤好奇心をかき立てる

という事。

 

出だしを効果的に書く3つのルールとしては、

①冒頭部を短くする。長いと読む気が失せる。

②見出しで言った内容を冒頭で続ける。

③その商品を買って得られる1番の、あるいは複数の重要な

利益を短い言葉で伝える。

 

まとめ

基本的な出だしは共通で、最初の文ですぐに要点に入り、

具体的な日時や事実を挙げて、「見出し」を詳しく説明

している点であること。

以上、ここでは、「コピーの出だしはこう書く」でした。


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

amazon

「脳科学マーケティング100の心理技術」010選択肢をむやみに増やさない

010 選択肢をむやみに増やさない 豊富な品ぞろいを見せるために、選択肢を増やすことは避けるべきです。選ぶのに疲れてしまい、その後の判断が困難となり、購入に至らなくなることがあるからです。 &nbsp …

右側から話す

「脳科学マーケティング100の心理技術」042 顧客には右側から話しかける

042 顧客には右側から話しかける 見込み客に何かをしてもらいたいと思ったら、その人の右耳に話かける事。   これは現実に即した実験によって確かめられています。 大音響のナイトクラブの客の中 …

メンバーズカード

「脳科学マーケティング100の心理技術」035 メンバーズカードで顧客を囲い込む

035 メンバーズカードで顧客を囲い込む 商品やサービスがそれなりの頻度で購買されているとすれば、顧客にメンバーズカードを与え、ロイヤルティープログラムを提供するべきです。   このロイヤル …

複雑書体

「脳科学マーケティング100の心理技術」028 ときには複雑な表現を用いる

028 ときには複雑な表現を用いる わかりにくい複雑な書体で書かれたものは、シンプルな書体よりも、はるかに記憶に残りやすいことがわかりました。   わかりにくい書体(流れの悪い書体)は、努力 …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.