ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」002セットで販売する

投稿日:2017年4月18日 更新日:


002 セットで販売する

002セットで販売する

物を買うときに、それが適正価格でないと、つねられたような痛みを感じることが脳科学で説明されています。

この痛みを取り去ることは、人間の欲求の重要な部分であるため、この痛みをできるだけ取り除いてあげることが、顧客に対してのマーケティング手法となります。

ここではまず、適正価格にすることで痛みを緩和させる事ができます。

つまり、価格は相対的なものであり、商品に見合ったものであればよく、単純に価格の大小ではないのです。例えば車のオプションは、適正であれば数万円でも抵抗を感じず購入しますが、数百円の食べ物が、適正でないと躊躇してしまうことになります。

また、セット販売にすることで、痛みを軽減できます。セットの品物を、仮に単品で1個ずつ買っていくと、そのたびごとに適正かどうか判断して痛みを感じ、品物の数だけ痛みが加算されていく事になります。これをセット販売することによって、その痛みを少なくできるようになります。なぜならこのとき、セット販売のその各々のものが、適正かどうかをいちいちひとつづつ考える事ができないためです。

最後に、お金を払う段階において、どうしてもまとまったお金が無い場合は、クレジットを使い分割にする事により、その購入する痛みが軽減されてしまいます。これは、後で請求されるという事で、時間をおいた後に、非常にまずい判断であることが偶にあります。

できることなら、現金で購入することを前提にすることで、買う痛みを感じながらの慎重な買い物ができることを心がけるのが良いことなのかもしれません。

このように買う痛みを最小限に抑えられれば、売り上げアップに繋がるわけです。

自分の商品の値段が、ほかの所よりも仮に高くても、その品質が価格に見合った良いものであることをうまく説明さえできれば、顧客は、その価格は適正であると判断して、痛みを抑えつつも購買に至る事になります。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

amazon

「脳科学マーケティング100の心理技術」010選択肢をむやみに増やさない

010 選択肢をむやみに増やさない 豊富な品ぞろいを見せるために、選択肢を増やすことは避けるべきです。選ぶのに疲れてしまい、その後の判断が困難となり、購入に至らなくなることがあるからです。 &nbsp …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(1回目)「価格が脳に与える影響」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 前回まで、コピーライティングスキルとコンテンツについて述べてきましたが、 今回 …

ホットコーヒーで打合せ

「脳科学マーケティング100の心理技術」048 コーヒーでおもてなしする

048 コーヒーでおもてなしする セールスの見込み客に会うときは、温かいコーヒーを一緒に飲もう。そのほうが、自分が温かい性格に映るし、相手もより気前が良く、お人よしになってくれるのです。   …

Microsoft-vs-Apple

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

022 共通の敵をつくる 自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。   自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。 このドライブとい …

ヨーグルト

「脳科学マーケティング100の心理技術」018使いやすい容器で提供する

018 使いやすい容器で提供する ヨーグルトを食べるときに最も重要な感覚要素は、「スプーンを入れてかき混ぜる」触感や「ひと口目を食べる」味覚ではなく、意外なことに、ホイルの蓋をはがす動作であることがわ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.