ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

投稿日:2017年5月16日 更新日:


022 共通の敵をつくる

Microsoft-vs-Apple

自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。

 

自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。

このドライブというグループは、決してブランド企業とつながりたいわけではなく、あくまで顧客同士のつながりを求め、仲間を見つけ、語り合いたいのです。よって、ブランド企業は顧客から許可を得たうえで、自分からメッセージを受け取りたいと思う人を集め、ドライブをつくります。このドライブのために、ブランド企業が働き、このグループをより良い存在にしていくことが課題です。

 

また、自分の集団の結束を強めてくれる敵集団を定義できているでしょうか。

このためには、人に、ごく些細な違いを与えるだけで、ある集団に対する忠誠心が形成され、他の集団に属する人たちを差別化するようになる性質を利用しなければなりません。

そしてより敵集団と際立たせるためには、彼等との間にターゲット層の違い(例えば、自分の集団は若いとか)がある場合、それをイメージさせるヒントをさりげなく与えることです。

 

上記ドライブを形成し、共通の敵をつくることを成し遂げ、競争を煽ることができれば、より忠実な顧客を作り出せるだけでなく、ブランドの支持者や伝道者をも生み出せる。
この代表的な対立軸は、アップルとマイクロソフト、コカ・コーラとペプシです。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-13「35の見出しの型–効果は検証済み」

ここでは、「35の見出しの型–効果は検証済み」についてです。 以下の「35の型」は ①すぐに見出しが必要なときのツールとして ②新しい型を考え出す想像力の刺激剤として 役に立ちます。 &n …

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

アンケート3

「脳科学マーケティング100の心理技術」026 シンプルな書体を使う

026 シンプルな書体を使う 顧客に何かをしてもらいたい場合には、読みやすいシンプルな書体で、シンプルな言葉と文章構成を使った方がよい。そうすれば関単にできそうだと思ってもらう事ができるからです。 & …

セクシー広告

「脳科学マーケティング100の心理技術」032 セクシーな広告をつくる

032 セクシーな広告をつくる セクシーな女性を見ている男性は、判断力が鈍ることがわかりました。   ある実験結果において、金銭のオファーを受けた際に、セクシーな画像をみた男性は、衝動的とな …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.