ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

投稿日:2017年5月16日 更新日:


022 共通の敵をつくる

Microsoft-vs-Apple

自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。

 

自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。

このドライブというグループは、決してブランド企業とつながりたいわけではなく、あくまで顧客同士のつながりを求め、仲間を見つけ、語り合いたいのです。よって、ブランド企業は顧客から許可を得たうえで、自分からメッセージを受け取りたいと思う人を集め、ドライブをつくります。このドライブのために、ブランド企業が働き、このグループをより良い存在にしていくことが課題です。

 

また、自分の集団の結束を強めてくれる敵集団を定義できているでしょうか。

このためには、人に、ごく些細な違いを与えるだけで、ある集団に対する忠誠心が形成され、他の集団に属する人たちを差別化するようになる性質を利用しなければなりません。

そしてより敵集団と際立たせるためには、彼等との間にターゲット層の違い(例えば、自分の集団は若いとか)がある場合、それをイメージさせるヒントをさりげなく与えることです。

 

上記ドライブを形成し、共通の敵をつくることを成し遂げ、競争を煽ることができれば、より忠実な顧客を作り出せるだけでなく、ブランドの支持者や伝道者をも生み出せる。
この代表的な対立軸は、アップルとマイクロソフト、コカ・コーラとペプシです。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブランド

「脳科学マーケティング100の心理技術」019ブランドメッセージを発信する

019 ブランドメッセージを発信する ブランドに望み通りの連想を形成するためには、顧客がそれを経験する際に首尾一貫して素晴らしいものであることが重要である。 一貫性が大切な理由は、「顧客の快い経験」と …

「脳科学マーケティング100の心理技術」003定額料金を設定する

003 定額料金を設定する 1回1回の消費で値段が上がっていく様子を顧客が目にする販売方法が最大の痛みを引き起こします。 この痛みを取り除きたいという人間本来の欲求を満たすことが、商品を買ってもらうた …

「脳科学マーケティング100の心理技術」023脳を活性化させる紙媒体を利用する

023 脳を活性化させる紙媒体を利用する 紙媒体の広告は、有形媒体のため、人の脳内の感情的処理を増大させます。そのため、記憶は感情を伴って残っているのでより鮮明です。   また、紙媒体広告は …

no image

5-28-1「広告をテストする17の方法」第1回目

ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。 全体を4分割して、今回は第1回目(4回中の)となります。 ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、 どんなビジュアルが注目を集め …

no image

5-16「熱意を込めてコピーを書く方法」

ここでは、「熱意を込めてコピーを書く方法」です。 コピーライターにとって、1番難しいのが、書き出しの部分であり、なか なか書き出せないため、熱意は必要である。 書き始めが難しい3つの理由としては、 ① …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.