ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」023脳を活性化させる紙媒体を利用する

投稿日:2017年5月17日 更新日:


023 脳を活性化させる紙媒体を利用する

紙vsデジタル

紙媒体の広告は、有形媒体のため、人の脳内の感情的処理を増大させます。そのため、記憶は感情を伴って残っているのでより鮮明です。

 

また、紙媒体広告は、有形物であり、物理的意味を持つため、脳内の空間記憶に関わる神経回路を活性化させるため、脳にとって現実的」なものとされます。

 

このような紙媒体の特徴を使ってのマーケティングとしては、

①広告素材の触感に配慮する。

  例えば、厚紙素材とか、エンボスのような紙の質感を出す特殊加工。

②有形媒体に対する脳の感情的反応を利用して、感情に訴えるメッセージを       つくる。

③紙媒体をうまく使えばブランドイメージをより強く印象つけられる。

 

一方でデジタル広告は、動画、音声による複数の感覚刺激インタラクティブ(双方向)なやり取りをしたり、過去の行動履歴などによる正確なターゲティングが行えるという点で、紙媒体とは違った意味で脳に働きかけることができます。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

no image

5-10「広告は見出しが命」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキル となります(セールスはこれに含まれる)。 今回から33回に渡ってコピーライティングスキルについて、情報共有して いきたい …

no image

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第1回目

見出し 「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、  実際に情報商材の広告レターを書く場合に、  どんなことに注意すべきか、考えてみました!」 これを、4回にわたり、 …

赤ちゃん

「脳科学マーケティング100の心理技術」029 広告には赤ちゃんの写真を入れる

029 広告には赤ちゃんの写真を入れる 広告に注意を引きたければ赤ちゃんの写真をを使うとよい。   これは、昔からいわれてきたが、ここにきて脳の活動を瞬時に測定できる脳磁図によって、正しいこ …

右側から話す

「脳科学マーケティング100の心理技術」042 顧客には右側から話しかける

042 顧客には右側から話しかける 見込み客に何かをしてもらいたいと思ったら、その人の右耳に話かける事。   これは現実に即した実験によって確かめられています。 大音響のナイトクラブの客の中 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.