ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」035 メンバーズカードで顧客を囲い込む

投稿日:2017年6月2日 更新日:


035 メンバーズカードで顧客を囲い込む

メンバーズカード

商品やサービスがそれなりの頻度で購買されているとすれば、顧客にメンバーズカードを与え、ロイヤルティープログラムを提供するべきです。

 

このロイヤルティープログラムとは、近頃はどこでもよく行われているもので、例えばコーヒー1杯につき1ポイントで、規定ポイントで、もう1杯といったサービスです。

 

このロイヤルティープログラムが魅力的なものであれば、例えばクレジットカードの場合には、顧客は頻繁にそのカードを他のカード以上に利用するようになります。

 

あらためて、ロイヤルティープログラムは非常に効果があることが研究により確かめられれています。ロイヤルティープログラムのポイントの価値を示しただけで、現金の価格差よりも低い場合であっても、顧客はロイヤルティーポイントに左右されることが分かったのです。

 

更にこのロイヤルティープログラムの効果をアップするには、顧客にそのポイントの進み具合をチェックさせる必要があります。そのために購入時にポイント数について言及する事で、そのプログラムを忘れていた人にも効果があります。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-23「こうすればもっと問合せが増える32の方法」後半

ここでは、「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の後半です。 広告では、多くの問合せを確保したほうが、いい場合があります。 広告で問合せが増える32の方法のうち、後半の16の方法を以下に示します …

no image

5-12「効く見出しはこう書く」

ここでは、「効く見出しはこう書く」です。 効果的な見出しを書く5つのルールとして ①得になる ②新情報 ③好奇心を刺激するだけでは終わらない ④明るい面、プラス面から見て書く ⑤手っ取り早く簡単(信頼 …

no image

コピーライティングに関する本の概要まとめ 3回目

ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。 その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノ …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

no image

5-17「コピーの出だしはこう書く」

ここでは、「コピーの出だしはこう書く」です。 いい出だしのコピーを書くコツは、 ①他人に見てもらう。 ②1日、2日おいて見直す。 ③すべての説明文を「この物語は~」か「この本は~」で始め、あとか らそ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.