ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」036 優良顧客には特典をつける

投稿日:


036 優良顧客には特典をつける

ゴール

前回の035において示したように、顧客にメンバーズカードを与えロイヤルティープログラムを提供することが必要ですが、その後に、最初のゴールに早く到達できるよう幸先の良いスタートが切れたと思わせてあげることです。

 

例えば、スタンプを10個集めてもう1杯というものと、スタンプ12個を集めるけれど、あらかじめ2個のスタンプが押された場合と比べると、どちらも10個のスタンプを集める事にはかわりはありません。しかし、後者の前進中であるかのように思える状態でスタートした場合の方が、その後のその商品を買う頻度が高くなりました。

 

これは、人は物事の進み具合を何割達成したかという捉え方をするので、すでに目標の何割かを達成している状況を提供している後者の方が、幸先の良いスタートが切れたと考えるようになります。

そして、一般に目標に近づくほど、そこへたどりつくためにより多くの努力を払うようになる事から、この幸先の良いスタートを切れたことを、目標に近づいたと考え、そこへ早くたどり着くために、より多くの商品を購入する努力をするようになるという事になります。

 

ロイヤルティープログラムはどの商品にも適しているわけではありませんが、適している際には、そのゴールに向かって顧客をどんどん前進させる工夫が、モチベーションと忠誠心を維持できます。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メンバーズカード

「脳科学マーケティング100の心理技術」035 メンバーズカードで顧客を囲い込む

035 メンバーズカードで顧客を囲い込む 商品やサービスがそれなりの頻度で購買されているとすれば、顧客にメンバーズカードを与え、ロイヤルティープログラムを提供するべきです。   このロイヤル …

no image

5-28-1「広告をテストする17の方法」第1回目

ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。 全体を4分割して、今回は第1回目(4回中の)となります。 ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、 どんなビジュアルが注目を集め …

no image

5-18「効くコピーはこう書く」

ここでは、「効くコピーはこう書く」です。 お薦めのコピー13タイプは以下となります。 ①単刀直入なコピー クライアントからの情報をシンプルかつ論理的に説明。 凝った表現やレトリックを全く使わない。 & …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

マジシャン

「脳科学マーケティング100の心理技術」050 マジシャンのスキルを応用する

050 マジシャンのスキルを応用する マジシャンが顧客の注意を引き、つなぎとめておくための以下6つの方法を応用したマーケット手法を示します。   ①人は一度に1つの事にしか注目できないので、 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.