ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」039 商品を無料でお試ししてもらう

投稿日:2017年6月8日 更新日:


039 商品を無料でお試ししてもらう

共感

自分が顧客に信頼してもらいたいのであれば、先ず自分から信頼を示すことです。

自分はあなたを信頼しています」と顧客に、はっきりと示すことで、顧客の脳内にオキシトシンという、他者への共感を促すという、信頼関係において重要な役割を果たす物質が出ることが研究でわかっているからです。

 

自分の行為が、確実に顧客への信頼を表しているという事を、ビジネス上において示すアイデアとしては、

・あまり制約をつけずに商品の貸し出し/試用をさせる。

・長ったらしい書類の記入、面倒な審査抜きで、信用取引を開始する。

・守秘義務契約書にサインさせることなく、顧客と社内情報を共有する。

などがあります。

 

従来からの返報性の原理でも言えることではあるが、自分が信頼されていると思っている顧客は、それに報いてくれる可能性が高まるのです。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

厚紙

「脳科学マーケティング100の心理技術」025紙媒体は重く厚くする

025 紙媒体は重く厚くする 紙媒体において重量を重くする又は厚くする事により、重要(真剣)な印象を与えます。   これを確認した実験としては、クリップボードに挟んだ希望就職者の履歴書を見て …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(4回目)「紙媒体と脳の相性がいい理由」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第4回目となります。   …

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(8回目)「脳を刺激するコピーライティング」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第8回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

no image

5-27「成功した見出しはどっち?」

ここでは、「成功した見出しはどっち?」です。 以下に、10問の選択問題における、正解した広告の重要点を説明します。 この問題の中で正解した広告は、大成功をおさめ、効果がなくなるまで使われました。 &n …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.