コピーライティング ブログ

5-26-1「小スペース広告で利益を上げる方法」前半

投稿日:2017年2月4日 更新日:


ここでは、「小スペース広告で利益を上げる方法」の前半について、3つの項目

を示しています。

 

まず最初に、小スペース広告の制約が10個あることを示します。

1.小スペース広告の10の制約

 ①小スペース広告は大スペース広告販売店がすごいとおもってくれない。

 ②販売店の名前と住所をたくさん入れられない。

 ③色刷りが出来ない。費用が掛かりすぎるから。

 ④レモンパイなどおいしそうな写真が入れられない。

 ⑤ほとんどの場合、すぐに大きい売り上げにつながらない。

 ⑥大スペース広告ほどの重厚感や大手企業らしいイメージが出せない。

 ⑦風景写真の写真など、大きいビジュアルを入れられない。

 ⑧新型車や新型冷蔵庫の印象的な写真が見せられない。

 ⑨効果的な記事編集テクニックが使えない。たとえば、雑誌記事風の広告にす

  るのはムリ。

 ⑩小スペース広告は新聞・雑誌で1番効果的な位置に掲載してもらえない。

 

次に10個のメリットとは、

2.小スペース広告の10のメリット

 ①小スペース広告は、少ない費用で頻繁に出稿できる。

 ②取扱商品の種類が多い場合、小スペースのシリーズ広告で1点ずつ別の商品

  を取り上げることが出来る。

 ③商品にさまざまな使い方がある場合、広告ごとに別の使い方を取り上げられ

  る。

 ④1種類の新聞・雑誌だけに広告を掲載する代わりに、小スペースの広告を6

  紙/誌以上に出稿できる。

 ⑤広告予算を大スペース広告と小スペース広告に割り振ることで融通がきく。

 ⑥無料パンフレット、資料、サンプル、カタログが提供できる。通販ができる。

 ⑦販売スタッフが利用できるリード(新規見込み客データ)を集められる。

 ⑧新聞なら割増料金で特別な位置に掲載できる。例えば、婚約発表の記事と並

  べて結婚指輪の広告という具合である。

 ⑨記事編集のテクニックを使って注目率を高められる。記事風、写真見出しな

  どがそうである。

 ⑩市場が限られた、いわゆるニッチ商品やニッチサービスでも利益の上がる広

  告ができる。

 

最後に、小スペース広告で利益を上げるヒントとしては、

3.小スペース広告で利益を上げるヒント

 ・短くて、簡単な言葉を使う。

  1ワードあたり500円の電報を送るつもりで考える。

   例えば「お申込みいただければ無料パンフレットを1部お送りします」とい

   う文を、縮めて「無料パンフレット」とする。

 ・大スペース広告のコピーの不要な言葉を削って使う。

 

————————————

ここで学んだこと

————————————

「小スペース広告で利益を上げる方法」前半について、最初の3つのポイントを

説明しました。

1.小スペース広告の10の制約

 ①小スペース広告は大スペース広告販売店がすごいとおもってくれない。

 ②販売店の名前と住所をたくさん入れられない。

 ③色刷りが出来ない。費用が掛かりすぎるから。

 ④レモンパイなどおいしそうな写真が入れられない。

 ⑤ほとんどの場合、すぐに大きい売り上げにつながらない。

 ⑥大スペース広告ほどの重厚感や大手企業らしいイメージが出せない。

 ⑦風景写真の写真など、大きいビジュアルを入れられない。

 ⑧新型車や新型冷蔵庫の印象的な写真が見せられない。

 ⑨効果的な記事編集テクニックが使えない。たとえば、雑誌記事風の広告にす

  るのはムリ。

 ⑩小スペース広告は新聞・雑誌で1番効果的な位置に掲載してもらえない。

2.小スペース広告の10のメリット

 ①小スペース広告は、少ない費用で頻繁に出稿できる。

 ②取扱商品の種類が多い場合、小スペースのシリーズ広告で1点ずつ別の商品

  を取り上げることが出来る。

 ③商品にさまざまな使い方がある場合、広告ごとに別の使い方を取り上げられる。

 ④1種類の新聞・雑誌だけに広告を掲載する代わりに、小スペースの広告を6

  紙/誌以上に出稿できる。

 ⑤広告予算を大スペース広告と小スペース広告に割り振ることで融通がきく。

 ⑥無料パンフレット、資料、サンプル、カタログが提供できる。通販ができる。

 ⑦販売スタッフが利用できるリード(新規見込み客データ)を集められる。

 ⑧新聞なら割増料金で特別な位置に掲載できる。例えば、婚約発表の記事と並

  べて結婚指輪の広告という具合である。

 ⑨記事編集のテクニックを使って注目率を高められる。記事風、写真見出しな

  どがそうである。

 ⑩市場が限られた、いわゆるニッチ商品やニッチサービスでも利益の上がる広

  告ができる。

3.小スペース広告で利益を上げるヒント

 短くて、簡単な言葉を使う。

 

ここでは、以上となります。

————————————- 

ここでは、

「小スペース広告で利益を上げる方法」について、

 説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきす。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえれと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

no image

5-28-1「広告をテストする17の方法」第1回目

ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。 全体を4分割して、今回は第1回目(4回中の)となります。 ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、 どんなビジュアルが注目を集め …

赤ちゃんの視線の先

「脳科学マーケティング100の心理技術」030 モデルの目線は商品に合わせる

030 モデルの目線は商品に合わせる 前回示したように、赤ちゃんの顔は人の目を引くが、必ずその顔が、見出しや商品写真など、顧客に見てほしい広告の主役の方を向いているようにすることです。   …

「脳科学マーケティング100の心理技術」003定額料金を設定する

003 定額料金を設定する 1回1回の消費で値段が上がっていく様子を顧客が目にする販売方法が最大の痛みを引き起こします。 この痛みを取り除きたいという人間本来の欲求を満たすことが、商品を買ってもらうた …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.