コピーライティング ブログ

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第3回目

投稿日:2017年2月19日 更新日:


見出し

「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、

 実際に情報商材の広告レターを書く場合に、

 どんなことに注意すべきか、考えてみました!」

これを、4回にわたり、掲載したいと思います。

———————————————————–

第3回目は、

前回までのコピーライティングの本を読んだ結果、自分に身についた

コピーライティングスキルにより、具体的に、ネットビジネスの

情報商材の広告レターを書く場合に、どのようにするのかを

考えてみました。

 

情報商材の広告レターを書く場合に、まずその構成を考え、

その各々の構成要素に対して、重要なポイントを考えてみました。

このときの重要なポイントを形成する情報は、私がこの9か月間

メルマガを読んできて、そこにあるいろいろな商品の広告レター

の中にある特徴的な情報になります。

つまり、その情報の中で記憶に残っているものを明記しています。


まず、基本構成は、4つからなります。

1.見出し

2.小見出し

3.コピー

4.追伸

となります。

 

この第3回目では、3番目の「コピー」の全10ステップのうち、

第6から第10ステップについて、構成の説明、及び重要なポイントを、

考えていきたいと思います。

———————————————————–

3.コピー(前回の続き)

 <第6ステップ> この商品に対する証拠、写真などを示し、

  信頼をアップする。

  例えば、証拠としては、初めてその商品を売る場合は、

  ライター本人が経験した場合のコメントをのせます。


  その紹介レターが2回目以降においては、その商品を買った人

  のコメントをのせるます。


  その商品を買ったことによるベネフィットを証言する人が、

  いることにより、その商品の信頼性がアップします。



 <第7ステップ> 読者の立場になり、よくある質問を明記する。

  ここで読者は、この商品に対しての不信をまだ持っているので、

  その不信を解決できるような、わかりやすくかつ重要な質問を、

  読者に提供します。



 <第8ステップ> 読者に行動を起してもらうために、

  その「読者」が、「見込み客」となる可能性が生じたときに、

  「見込み客であれば特別扱いしますよ」という形をとります。

  つまり、見込み客となれば、「購入者人数限定、購入者期間限定、

  購入者価格限定」とすることで、特別扱いされていることに、

  非常に読者は、得をした感覚をもちます。


  このようになると、買うためのハードルも下がるために、

  購買意欲もアップします。



 <第9ステップ> 第8ステップの「購入者価格限定」において

  段階的に下げていく方法を説明します。

  まず、最初に、

   ① その商品の価格を、その価値相当に設定します。

    当然、価値相当の価格なので納得します。

   ② 次に「購入者限定」又は「無料プレゼント」を

    提示します。

    前ステップで説明したように、お得感がうまれます。

   ③ この段階で、その商品の価格を下げます。

    すると見込み客の買うためのハードルが下がります。

  この②と③を繰り返すことで、見込み客は、その購買意欲を

  かなりかきたてられ、その商品は買うという行動心理を

  起すようになります。

 

 <第10ステップ> 100%返金保障を最後に付ける。

  この購買意欲がかなりかきたてられた段階で、購入をする決断をするわけです

  が、それでもなお見込み客は購入に関して不安があるのです。

  それは、この情報商材で100%成功する保証がないということです。ですから、

  購入しても、失敗した際の保証がほしいのです。それに対して最近では当たり前

  になりましたが、100%返金保障がつくようになりました。しっかりした情報商

     材ですと、これがきっちりついてきます。これは商材を売る側の自信の表れであ

    ることを示すものとなるわけです。これにより、見込み客はかなりの安心を抱く

    ことで、購入の決断に踏み切る可能性は格段に上がります。つまり、買わない理

    由が見つからないようにアプローチしていきます。

 

以上となります。

 

———————————————————–

以上、3回目の説明を、終わりたいと思います。

これからも、みなさんとともに、一緒に成長していきたいと思いますので、

よろしくお願いします。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

5-10「広告は見出しが命」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキル となります(セールスはこれに含まれる)。 今回から33回に渡ってコピーライティングスキルについて、情報共有して いきたい …

マジシャン

「脳科学マーケティング100の心理技術」050 マジシャンのスキルを応用する

050 マジシャンのスキルを応用する マジシャンが顧客の注意を引き、つなぎとめておくための以下6つの方法を応用したマーケット手法を示します。   ①人は一度に1つの事にしか注目できないので、 …

シェービング

「脳科学マーケティング100の心理技術」008おとりの商品を用意する

008 おとりの商品を用意する 脳は絶対的な判断をするのは苦手であるが、相対的な判断、つまり比較による判断を得意とします。 これを利用したものとして、イチ推しの商品を進めるために、それとほぼ同様な商品 …

「脳科学マーケティング100の心理技術」003定額料金を設定する

003 定額料金を設定する 1回1回の消費で値段が上がっていく様子を顧客が目にする販売方法が最大の痛みを引き起こします。 この痛みを取り除きたいという人間本来の欲求を満たすことが、商品を買ってもらうた …

いちご

「脳科学マーケティング100の心理技術」024臨場感あふれる写真を使う

024 臨場感あふれる写真を使う 高画質の現実味あふれる鮮明な画像を使った紙媒体広告は、2次元の静止画であるにもかかわらず、製品を実際に試した印象を顧客の脳に残し、製品に対する肯定的な意識を高めます。 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.