ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」010選択肢をむやみに増やさない

投稿日:2017年4月28日 更新日:


010 選択肢をむやみに増やさない

amazon

豊富な品ぞろいを見せるために、選択肢を増やすことは避けるべきです。選ぶのに疲れてしまい、その後の判断が困難となり、購入に至らなくなることがあるからです。

 

ここで商品の選択肢を増やすうえで大切なことを示します。

1つ目は、その選択肢が似たようなものであると混乱しやすいので、全くバリエーションの異なるものを選択肢とし、最適な選択肢の数はテストにより決定すべきであるということです。

2つ目は、仮に選択肢が多い場合でも、その選択を誘導してくれるアドバイザーを設ける事で、判断が容易になるという事です。

3つ目は、商品の近くに商品の説明を書いたラベルを付ける事です。

以上より、容易に選択することができ、混乱して疲労しないようにすることで、購入に至りやすくなります。

 

このことを考慮しているものして、ネットショップがあります。かなりの品ぞろえがありますが混乱せずに、商品購入までに至ることができます。

それは、選択を容易にするために、カテゴリー並べ替えやランキング機能、評価やレビュー、類似商品の提案といったいろいろな方法を使っているためです。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

交流

「脳科学マーケティング100の心理技術」037 顧客の話をトコトン聞く

037 顧客の話をトコトン聞く 顧客との関係において、大口を優先的に接触するなどの効率性を求める事と同様に、接触する時間とその交流の質を高めることで信頼関係を構築する事が重要です。   ここ …

no image

5-29-1「広告をテストする17の方法」第3回目

ここでは、「広告をテストする17の方法」についての示します。 全体を4分割して、今回は第3回目(4回中の)となります。 ここでは、どんな見出しが多くの人を引きつけるのか、 どんなビジュアルが注目を集め …

「脳科学マーケティング100の心理技術」003定額料金を設定する

003 定額料金を設定する 1回1回の消費で値段が上がっていく様子を顧客が目にする販売方法が最大の痛みを引き起こします。 この痛みを取り除きたいという人間本来の欲求を満たすことが、商品を買ってもらうた …

Microsoft-vs-Apple

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

022 共通の敵をつくる 自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。   自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。 このドライブとい …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(8回目)「脳を刺激するコピーライティング」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第8回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.