ブログ マーケティング

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

投稿日:2017年2月23日 更新日:


ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング

スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。

 

今回は、マーケティングについて第2回目となります。

 

先ずは、マーケティングについての最新の情報が書いてある本について、重要な

部分をまとめてみました。その本の名前は「脳科学マーケティング100の心理

技術」というものです。題名の通り、脳科学に基づいたマーケティング手法とな

りますので、面白い視点で書かれており、ある意味うなずける内容だと思いま

す。

 

以下、100項目を、13回に分けて説明させて頂きます。

今回は第2回目となります。

ここでは、「五感を刺激して売り込む」について、011~018までの8項目で説明します。

 

011五感を刺激するブランドをつくる

五感に訴えてブランドを覚えてもらうカギは、ともかく一貫性である。

いつでもどこでも、毎回同じように感じさせること。

 

012臭覚を刺激して売る

人間の感情の75%は、においによって引き起こされると推測し、マーケティング

のさまざまな局面でできるだけ臭覚を活用すること。

五感の中で臭覚刺激だけが、感情の中枢である大脳辺縁系に直接伝わるので、

においが鮮明な記憶を呼び起こす。

よって、すべてのブランドは独自のテーマフレグランスを持つべきである。

また、においは人の行動や消費者の意識に影響を与える。

例えば、シャンプーのにおいを変えただけで、無関係な機能に対し影響を与える。

臭覚ブランディングで重要なのは、一貫性と独自性。記憶に残る独自のにおいを

つくり、それを何年も続けること。

だが、集客マーケティングでは、匂いは控えめにして環境との調和を考慮すべき。

 

013特別感を演出する

コーヒーの小売業者のやり方を学べば、5感マーケティング力も高まる。

スターバックスコーヒーは、店舗内装のほかに、香りを重視した(サンドイッチを

一時中止)。

エスプレッソを飲むときに、店舗の環境が、感覚的経験の60%を左右。

5感に訴えるチャンスを逃していると感じたら、商品の品質に無関係でも、変更

を加える。

 

014心地よくなるBGMを流す

心地よいBGMにより、顧客は長い待ち時間に耐えることがわかった。

音楽を全く流さなかったり、適当なFM放送を流したりすると、顧客と売り上げ

の減少につながった。

 

015ブランドに合ったテーマ曲をつくる

オーディオ・ブランディングのカギとしては、独自のブランド音をつくること、

それを一貫して使い続けることである。

 

016においを記憶させる

記憶が形成されたときに受けた感覚入力を再び受けると、その時の記憶が呼び

起こされる説と一致した、匂いの実験がある。

これは、スタバやパン屋のマーケティングに使われている。

 

017香りつきの商品をつくる

独特な香りは記憶されやすく、その香りと共に、その商品を覚えるだけでなく、その商品の説明まで覚えてくれる。

 

018使いやすい容器で提供する

商品の重要な特徴は意外なところにあるかもしれない。

例えば、ライス・クリスピーの場合、風味ではなく、牛乳をかけたときの音

「ピチ、パチ、プチ」である。

 

一般通年として、視覚情報が情報量としては、ほとんどをしめる。この視覚に訴

えて記憶するように、写真等のビジュアルを用いることが、顧客の記憶に残るも

のであると思ってきた。確かにこれも今まで通り正しいことだといわれていくの

だろうが、この章では、臭覚というものが、唯一感情を司る大脳辺縁系に到達す

る刺激であることが分かった。この臭覚刺激を、伝えたい情報と共に与えられれ

ば、その記憶がその匂いと共によみがえることができるわけである。

この臭覚ブランディングで重要なのは、一貫性と独自性である。記憶に残る独自

のにおいをつくり、それを何年も続けることである。

 

以上、「五感を刺激して売り込む」についてでした。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アップル

「脳科学マーケティング100の心理技術」021ファンを社員として雇用する

021 ファンを社員として雇用する 最も好ましいブランドは、情熱ブランドです。 その顧客はそのブランドに愛着心を抱き、友人に熱心に進めるような熱烈なファンとなります。 情熱ブランドを作り、その熱烈なフ …

no image

5-17「コピーの出だしはこう書く」

ここでは、「コピーの出だしはこう書く」です。 いい出だしのコピーを書くコツは、 ①他人に見てもらう。 ②1日、2日おいて見直す。 ③すべての説明文を「この物語は~」か「この本は~」で始め、あとか らそ …

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

「脳科学マーケティング100の心理技術」003定額料金を設定する

003 定額料金を設定する 1回1回の消費で値段が上がっていく様子を顧客が目にする販売方法が最大の痛みを引き起こします。 この痛みを取り除きたいという人間本来の欲求を満たすことが、商品を買ってもらうた …

ローンキャンペーンの美人

「脳科学マーケティング100の心理技術」031 美人モデルを起用する

031 美人モデルを起用する マーケティングにおいて、いろいろな特典、案内方法、心理テクニックを使ったアイデアがうまくいくかは、実際に市場で試してみるしかない。 特定のテクニックがうまくいくだろうとい …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.