ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」015 ブランドにあったテーマ曲を作る

投稿日:2017年5月5日 更新日:


015 ブランドにあったテーマ曲を作る

ユナイテッド航空

オーディオブランディングは、先ず独自のブランド音を見つける事と、

それより大事なのは、そのブランド音を一貫して使い続けることです。

それにより顧客に認識してもらえる時が来るのです。

 

例えば、ユナイテッド航空は、有名な音楽の1フレーズをアレンジして音楽ロゴを作りました。それを一貫して使い続ける事で、やがてそのフレーズを聞くとすぐに分かってもらえるブランドの代名詞にすることができたのです。

 

また、音楽以外のものとして、以下のオーディオブランディング戦略があります。

①ベンツではドアを閉める時の音を大切にしており、そのプロジェクトチームがいます。

②通信会社のネクステルでは、トランシーバーの着信音を各自固有なものとして、お互いが認識し易くしています。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「脳科学マーケティング100の心理技術」006高級品は値下げしてはいけない

006 高級品は値下げしてはいけない 高価なブランド商品などを購入する場合には、その価格もブランド体験の1つとなる。確かに購入の際に痛みを伴うが、購入後消費した後の満足感を堪能できる。よってむやみに値 …

001顧客の潜在意識に訴える

「脳科学マーケティング100の心理技術」001顧客の潜在意識に訴える

001 顧客の潜在意識に訴える 人間の意識においては、顕在意識は氷山の一角でありわずか5%を占めており、残りの95%が潜在意識となります。   一般的に、商品を売り込む際に、広告ちらしなどで …

自信満々

「脳科学マーケティング100の心理技術」044 自信満々で説得する

044 自信満々で説得する 人に何かを勧めるときに、その人の信頼を得るには、正確さよりも、自信に満ちた振る舞いのほうが効力を発揮することがわかりました。   これは以下の実験により明らかにな …

複雑書体

「脳科学マーケティング100の心理技術」028 ときには複雑な表現を用いる

028 ときには複雑な表現を用いる わかりにくい複雑な書体で書かれたものは、シンプルな書体よりも、はるかに記憶に残りやすいことがわかりました。   わかりにくい書体(流れの悪い書体)は、努力 …

no image

5-23「こうすればもっと問合せが増える32の方法」後半

ここでは、「こうすればもっと問合せが増える32の方法」の後半です。 広告では、多くの問合せを確保したほうが、いい場合があります。 広告で問合せが増える32の方法のうち、後半の16の方法を以下に示します …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.