ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」019ブランドメッセージを発信する

投稿日:2017年5月11日 更新日:


019 ブランドメッセージを発信する

ブランド

ブランドに望み通りの連想を形成するためには、顧客がそれを経験する際に首尾一貫して素晴らしいものであることが重要である。

一貫性が大切な理由は、「顧客の快い経験」「そのブランド」とが何度となく同時に経験されることにより、脳地図が書き換えられることにあります。この2つは同じものであると脳は判断し、そのブランドを見ると同時に快い経験が想起し、この条件反射により顧客の購買心理に影響を与える事ができるわけです。

 

また、意識的に思い出すことができないわずかな時間で、あるブランドに良いイメージの言葉と写真を結びつける実験においても、ハッキリと潜在意識効果が現れました。

これは、逆に言えば一度潜在意識内にブランドイメージが形成されてしまうと、これを取り除くことが大変になってしまうという事です。その後に、その商品の間違いを示す正しい情報を提供しても、最初に出来た潜在意識の情報には勝てません。

ですから、例えば理由がわからないけど(論理的には良くないブランドであるにも関わらず)このブランドが好きであるという非論理的な結果を生んでしまいます。

このように、潜在意識に訴える実験で、そのブランドは素晴らしいとなると、そのあとにそのブランドに対して正しい情報で否定したとしても、そのブランドに対しての肯定意識はなくなりません。仮に買い物意欲が高い顧客であっても同様です。

ここでは、意識しては思いだすことができないほどのわずかな時間のブランドメッセージでありながらも、潜在意識に刷り込まれれると、とてつもないブランドメッセージを発信することがわかりました。

 

以上2つの方法により「消費者の選択は、理論的な情報だけで決まるのではなく、概して論理的にはコントロールできない力によっても促されている」事がわかりました。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

002セットで販売する

「脳科学マーケティング100の心理技術」002セットで販売する

002 セットで販売する 物を買うときに、それが適正価格でないと、つねられたような痛みを感じることが脳科学で説明されています。 この痛みを取り去ることは、人間の欲求の重要な部分であるため、この痛みをで …

no image

5-12「効く見出しはこう書く」

ここでは、「効く見出しはこう書く」です。 効果的な見出しを書く5つのルールとして ①得になる ②新情報 ③好奇心を刺激するだけでは終わらない ④明るい面、プラス面から見て書く ⑤手っ取り早く簡単(信頼 …

トリュフ

「脳科学マーケティング100の心理技術」049 甘いお菓子で気分を高揚させる

049 甘いお菓子で気分を高揚させる もしあなたの売る商品が、ぜいたく品とか自分へのご褒美と位置づけらるようなものなら、甘いお菓子で顧客を誘惑してもよい。   これは次の実験により確かめられ …

004価格をハッキリ見せる

「脳科学マーケティング100の心理技術」004価格をハッキリ見せる

004 価格をハッキリ見せる ここでは「プライミング」を利用しています。 これは、相手に前もってさりげなくヒントとなるイメージを提示しておくと、それに続く相手の行動を左右することができるといものです。 …

複雑書体

「脳科学マーケティング100の心理技術」028 ときには複雑な表現を用いる

028 ときには複雑な表現を用いる わかりにくい複雑な書体で書かれたものは、シンプルな書体よりも、はるかに記憶に残りやすいことがわかりました。   わかりにくい書体(流れの悪い書体)は、努力 …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.