ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」019ブランドメッセージを発信する

投稿日:2017年5月11日 更新日:


019 ブランドメッセージを発信する

ブランド

ブランドに望み通りの連想を形成するためには、顧客がそれを経験する際に首尾一貫して素晴らしいものであることが重要である。

一貫性が大切な理由は、「顧客の快い経験」「そのブランド」とが何度となく同時に経験されることにより、脳地図が書き換えられることにあります。この2つは同じものであると脳は判断し、そのブランドを見ると同時に快い経験が想起し、この条件反射により顧客の購買心理に影響を与える事ができるわけです。

 

また、意識的に思い出すことができないわずかな時間で、あるブランドに良いイメージの言葉と写真を結びつける実験においても、ハッキリと潜在意識効果が現れました。

これは、逆に言えば一度潜在意識内にブランドイメージが形成されてしまうと、これを取り除くことが大変になってしまうという事です。その後に、その商品の間違いを示す正しい情報を提供しても、最初に出来た潜在意識の情報には勝てません。

ですから、例えば理由がわからないけど(論理的には良くないブランドであるにも関わらず)このブランドが好きであるという非論理的な結果を生んでしまいます。

このように、潜在意識に訴える実験で、そのブランドは素晴らしいとなると、そのあとにそのブランドに対して正しい情報で否定したとしても、そのブランドに対しての肯定意識はなくなりません。仮に買い物意欲が高い顧客であっても同様です。

ここでは、意識しては思いだすことができないほどのわずかな時間のブランドメッセージでありながらも、潜在意識に刷り込まれれると、とてつもないブランドメッセージを発信することがわかりました。

 

以上2つの方法により「消費者の選択は、理論的な情報だけで決まるのではなく、概して論理的にはコントロールできない力によっても促されている」事がわかりました。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ものさし

「脳科学マーケティング100の心理技術」007キリのいい数字を入れない

007 キリのいい数字を入れない 購入に基づき脳内に物差しができ、その精度は価格の値の細かさによって左右されます。 例えばある商品に対して500円というキリのいい数字であると、物差しの精度は落ちてしま …

「脳科学マーケティング100の心理技術」006高級品は値下げしてはいけない

006 高級品は値下げしてはいけない 高価なブランド商品などを購入する場合には、その価格もブランド体験の1つとなる。確かに購入の際に痛みを伴うが、購入後消費した後の満足感を堪能できる。よってむやみに値 …

no image

5-11「どんな見出しが1番注目されるか」

ここでは、「どんな見出しが1番注目されるか」です。 見出しの効果を学んで活用することは、媒体が変わろうが、時代が変わろう が、変わらないものです。  各分野で抜群の効果を上げた10本の見出しに共通する …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(4回目)「紙媒体と脳の相性がいい理由」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第4回目となります。   …

脳科学マーケティング100の心理技術

「脳科学マーケティング100の心理技術」潜在意識に訴える

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 次回からは、「脳科学マーケティング」という視点で以下の100項目について1つ1つ …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.