ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」020広告で露出を増やす

投稿日:2017年5月12日 更新日:


020 広告で露出を増やす

手荷物カート

サブリミナル(潜在意識の)効果による広告露出が重要であることがわかりました。

 

一般には広告が機能する仕組みは、顕在意識に訴えて、顧客の関心や注意を引き、そこに含まれるメッセージについて考えたり記憶させたりすることで、ブランド認知を向上させるものでありました。

 

しかし、人が関心を払っていないように見えてもブランドを露出し続けることで、認知度が向上している事がわかりました。

 

その実験の例として、テレビコマーシャルにおいて、早送りした際にも、普通の速度と同等の効果があることが分かりました。ただし、一度普通の速度で見た後にその効果が確認できています。

 

またある実験においては、テレビコマーシャルに全く関心がない人に、無意識のうちに、その見せられた回数が1回であるにも関わらず、ブランド認知の向上がありました。

 

このように、顧客が意識せずブランド情報を処理している事は明らかです。

 

また、この潜在意識に訴えるこの方法を強化するには、単純接触効果があります。接触する回数を増やすことで、そのブランドに対して親しみを感じ気分が良くなるのです。それは、この効果と知的流暢性(なじみの深いものだと脳の情報処理が楽になる現象)が関係しているためです。

 

この例としては、空港での手荷物カートにおけるブランド広告です。人目に触れる回数は年間何十億回にもなります。

 

また、この潜在意識に訴える視覚情報に、肯定的連想が伴えばなおさら好ましいのです。この例としては、空港での、スマホ充電器の設置ですが、搭乗を待っている間に充電がなくなり、その時にその充電場所があるのに気づいた時のほっとした気持ちを、そのブランド広告と共に潜在記憶化されていきます。
その後、どこかでそのブランド広告を見ると、そのほっとした気持ちが連想されることになると共に
記憶が強化でされていきます。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第2回目

見出し 「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、  実際に情報商材の広告レターを書く場合に、  どんなことに注意すべきか、考えてみました!」 これを、4回にわたり、 …

no image

5-12「効く見出しはこう書く」

ここでは、「効く見出しはこう書く」です。 効果的な見出しを書く5つのルールとして ①得になる ②新情報 ③好奇心を刺激するだけでは終わらない ④明るい面、プラス面から見て書く ⑤手っ取り早く簡単(信頼 …

Microsoft-vs-Apple

「脳科学マーケティング100の心理技術」022共通の敵をつくる

022 共通の敵をつくる 自分のブランドの顧客に、競合他社の顧客とは違うと感じさせることができていますか。   自分のブランドには以下に示したドライブ(部族)がありますか。 このドライブとい …

no image

5-16「熱意を込めてコピーを書く方法」

ここでは、「熱意を込めてコピーを書く方法」です。 コピーライターにとって、1番難しいのが、書き出しの部分であり、なか なか書き出せないため、熱意は必要である。 書き始めが難しい3つの理由としては、 ① …

ものさし

「脳科学マーケティング100の心理技術」007キリのいい数字を入れない

007 キリのいい数字を入れない 購入に基づき脳内に物差しができ、その精度は価格の値の細かさによって左右されます。 例えばある商品に対して500円というキリのいい数字であると、物差しの精度は落ちてしま …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.