ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」032 セクシーな広告をつくる

投稿日:2017年5月30日 更新日:


032 セクシーな広告をつくる

セクシー広告

セクシーな女性を見ている男性は、判断力が鈍ることがわかりました。

 

ある実験結果において、金銭のオファーを受けた際に、セクシーな画像をみた男性は、衝動的となり、目先の利益に走らせ、より早く不利な交渉結果を受け入れました。

 

ただし、その商品が、セクシー広告に適しているならばいいのですが、適さない場合においては、その広告は、逆にそのブランドを覚えにくくするという実験結果があります。

 

よって、ブラインドイメージを損ねないためにも、セクシー広告の使い方を気を付ける必要があります。

 

ここで「判断」を行なっているのは、脳の中での2つのシステムの駆け引きであり、それが購買決定のプロセスです。

 

この2つのシステムとは、1つは基本的な欲求に沿った感情システム、もう一つは思考システムです。

 

ここでは、セクシー広告を見て舞い上がっている感情システムに対して、思考システムは、間違いを犯していることをささやきますが、感情システムによってかき消されてしまう事になるのです。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お任せ下さい

「脳科学マーケティング100の心理技術」038 キラー・フレーズを持つ

038 キラー・フレーズを持つ 顧客に信頼してもらいたいなら、広告の最後に、 「お任せください。私たちがお役に立ちます」という短いフレーズを1つ添える事です。自分が信頼に値するということを念を押すこと …

no image

コピーライティングに関する本の概要まとめ 6回目

ここまでは、コピーライティングに関する本の概要をまとめる事を行ってきました。 その中で、自分の中に落とし込めた内容はなんなのかを、内容概要を読んでみ て、現在記憶に残っているもの(自分がすぐに使えるノ …

ホットコーヒーで打合せ

「脳科学マーケティング100の心理技術」048 コーヒーでおもてなしする

048 コーヒーでおもてなしする セールスの見込み客に会うときは、温かいコーヒーを一緒に飲もう。そのほうが、自分が温かい性格に映るし、相手もより気前が良く、お人よしになってくれるのです。   …

「脳科学マーケティング100の心理技術」006高級品は値下げしてはいけない

006 高級品は値下げしてはいけない 高価なブランド商品などを購入する場合には、その価格もブランド体験の1つとなる。確かに購入の際に痛みを伴うが、購入後消費した後の満足感を堪能できる。よってむやみに値 …

ベーカリー

「脳科学マーケティング100の心理技術」016においを記憶させる

016 においを記憶させる 「012臭覚を刺激して売る」で示したように、においは感情を司る大脳辺縁系に刺激を与える事で記憶を形成することを助けています。このにおいの刺激により、それとは全く違った情報に …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.