ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」032 セクシーな広告をつくる

投稿日:2017年5月30日 更新日:


032 セクシーな広告をつくる

セクシー広告

セクシーな女性を見ている男性は、判断力が鈍ることがわかりました。

 

ある実験結果において、金銭のオファーを受けた際に、セクシーな画像をみた男性は、衝動的となり、目先の利益に走らせ、より早く不利な交渉結果を受け入れました。

 

ただし、その商品が、セクシー広告に適しているならばいいのですが、適さない場合においては、その広告は、逆にそのブランドを覚えにくくするという実験結果があります。

 

よって、ブラインドイメージを損ねないためにも、セクシー広告の使い方を気を付ける必要があります。

 

ここで「判断」を行なっているのは、脳の中での2つのシステムの駆け引きであり、それが購買決定のプロセスです。

 

この2つのシステムとは、1つは基本的な欲求に沿った感情システム、もう一つは思考システムです。

 

ここでは、セクシー広告を見て舞い上がっている感情システムに対して、思考システムは、間違いを犯していることをささやきますが、感情システムによってかき消されてしまう事になるのです。

 


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

眼精疲労

スマホのやりすぎで眼精疲労になったら大変なことになりますよ!

目次1 スマホのやりすぎで眼精疲労になったら大変なことになりますよ!1.1 眼精疲労がなぜ全身に不調をもたらすのか?1.2 ここであらためて眼精疲労とは何かというと1.3 では、眼精疲労はどのように解 …

高級メニュー

「脳科学マーケティング100の心理技術」027 高級品は知的さをアピールする

027 高級品は知的さをアピールする 料理などが高級品であるとアピールするには、その言葉の書体を複雑にすることと、その説明を難しくすることです。   例えば、「レストランのメニュー」であるが …

ものさし

「脳科学マーケティング100の心理技術」007キリのいい数字を入れない

007 キリのいい数字を入れない 購入に基づき脳内に物差しができ、その精度は価格の値の細かさによって左右されます。 例えばある商品に対して500円というキリのいい数字であると、物差しの精度は落ちてしま …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(6回目)「脳が喜ぶ接客スキル」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 今回は、マーケティングについて第6回目となります。 先ずは、マーケティングにつ …

no image

5-11「どんな見出しが1番注目されるか」

ここでは、「どんな見出しが1番注目されるか」です。 見出しの効果を学んで活用することは、媒体が変わろうが、時代が変わろう が、変わらないものです。  各分野で抜群の効果を上げた10本の見出しに共通する …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.