ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」044 自信満々で説得する

投稿日:2017年6月15日 更新日:


044 自信満々で説得する

自信満々

人に何かを勧めるときに、その人の信頼を得るには、正確さよりも、自信に満ちた振る舞いのほうが効力を発揮することがわかりました。

 

これは以下の実験により明らかになっています。

それは、体重当てゲームにおける、アドバイザー選びの条件として、正解実績に重点が置かれた段階においても、高い自信度を示す人に人気が集まったことによります。つまり、自信のほうが、実際に示された正確さよりも重要視されたことがわかりました。

 

また、ミラーニューロンの実験において、人と人が対話するときに、相手の動作にミラーニューロンは共感し発火するが、それだけでなく相手の心理状態にも共感し発火する事がわかりました。

よって人は相手の自信に共感し理解することを行う能力を持っているのです。

 

そういう意味からすると、専門家のように想定しえる状況に、いちいち説明して人を混乱させ、不信感を与えてしまうよりも、自信ありげに単純明快な説明をする人間の方が、その思いを顧客は共感して、信頼感を勝ち取ることが多いのです。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

脳科学マーケティング100の心理技術

「脳科学マーケティング100の心理技術」潜在意識に訴える

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 次回からは、「脳科学マーケティング」という視点で以下の100項目について1つ1つ …

no image

5-13「35の見出しの型–効果は検証済み」

ここでは、「35の見出しの型–効果は検証済み」についてです。 以下の「35の型」は ①すぐに見出しが必要なときのツールとして ②新しい型を考え出す想像力の刺激剤として 役に立ちます。 &n …

握手

「脳科学マーケティング100の心理技術」041 必ず2回握手する

041 必ず2回握手する ビジネスで、信頼関係を築きたいなら、握手によるスキンシップが大切となります。理想的なのは「相手の手を強く完全に握り、目を見ながら、強く上下に振る」握手だそうです。握手のチャン …

分岐1

「脳科学マーケティング100の心理技術」034 「もしも買わなかったら」と問いかける

034 「もしも買わなかったら」と問いかける   事実に反するシナリオとして「もしも買わなかったら」を顧客に考えてもらう事で、忠誠心を高めることができます。   もしも、普段自社の …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(2回目)「五感を刺激して売り込む」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第2回目となります。   …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.