ブログ マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」044 自信満々で説得する

投稿日:2017年6月15日 更新日:


044 自信満々で説得する

自信満々

人に何かを勧めるときに、その人の信頼を得るには、正確さよりも、自信に満ちた振る舞いのほうが効力を発揮することがわかりました。

 

これは以下の実験により明らかになっています。

それは、体重当てゲームにおける、アドバイザー選びの条件として、正解実績に重点が置かれた段階においても、高い自信度を示す人に人気が集まったことによります。つまり、自信のほうが、実際に示された正確さよりも重要視されたことがわかりました。

 

また、ミラーニューロンの実験において、人と人が対話するときに、相手の動作にミラーニューロンは共感し発火するが、それだけでなく相手の心理状態にも共感し発火する事がわかりました。

よって人は相手の自信に共感し理解することを行う能力を持っているのです。

 

そういう意味からすると、専門家のように想定しえる状況に、いちいち説明して人を混乱させ、不信感を与えてしまうよりも、自信ありげに単純明快な説明をする人間の方が、その思いを顧客は共感して、信頼感を勝ち取ることが多いのです。


-ブログ, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(3回目)「脳が喜ぶブランディング」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第3回目となります。   …

トリュフ

「脳科学マーケティング100の心理技術」049 甘いお菓子で気分を高揚させる

049 甘いお菓子で気分を高揚させる もしあなたの売る商品が、ぜいたく品とか自分へのご褒美と位置づけらるようなものなら、甘いお菓子で顧客を誘惑してもよい。   これは次の実験により確かめられ …

no image

「 情報商材の広告レターを書く場合に,どんなことに注意すべきか」第1回目

見出し 「 前回までの話してきたコピーライティングの本により身につけたスキルにより、  実際に情報商材の広告レターを書く場合に、  どんなことに注意すべきか、考えてみました!」 これを、4回にわたり、 …

no image

5-12「効く見出しはこう書く」

ここでは、「効く見出しはこう書く」です。 効果的な見出しを書く5つのルールとして ①得になる ②新情報 ③好奇心を刺激するだけでは終わらない ④明るい面、プラス面から見て書く ⑤手っ取り早く簡単(信頼 …

no image

5-10「広告は見出しが命」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティングスキル となります(セールスはこれに含まれる)。 今回から33回に渡ってコピーライティングスキルについて、情報共有して いきたい …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.