コピーライティング ブログ

5-27「成功した見出しはどっち?」

投稿日:2017年2月6日 更新日:


ここでは、「成功した見出しはどっち?」です。

以下に、10問の選択問題における、正解した広告の重要点を説明します。

この問題の中で正解した広告は、大成功をおさめ、効果がなくなるまで使われました。

 

①ビジネス通信講座の広告案 

  問題1の正解は、見出しが、具体的な金額となっているという事である。

  不正解は、具体的な金額ではなく「金銭的」となっている。

 

②育毛剤の広告案

  問題2の正解は、見出しが、ハゲ頭の男性の写真と「ハゲ」という言葉で、適

  切なターゲットの目をたちまち引いている。コピーには結果を示す証拠がある。

  不正解は、見出しに、返金補償を入れており、商品が効かない可能性を示し

  ている。

 

③生命保険の広告案

  問題3の正解は、見出しにベネフィットがある。 

  不正解は、好奇心をくすぐるだけで、ベネフィットがない。 

 

④ピアノレッスンの広告案

  問題4の正解は、見出しが、ベネフィットを約束し、好奇心をそそっている。

  不正解は、見出しが、エピソードであったが、不成功。

 

⑤退職年金プランの広告案

  問題5の正解は、見出しが、ふさわしいターゲットを絞り込んで、ベネフィッ

  トを約束している。

  不正解は、見出しは、「わかりにくく」と誤解をうんでいる。

 

⑥「ウオールストリート・ジャーナル」紙の広告案

  問題6の正解は、見出しが、適切なターゲットを選んで、具体的なベネフィッ

  トを示している。

  不正解は、求人広告のように読めるため、間違ったターゲットを選んでいる。

 

⑦書評週刊誌の広告案

  問題7の正解は、見出しが、書評誌にふさわしいターゲットを狙い、この雑誌

  を読めば、本の話ができるようになる保障を含ませている。 

  不正解は、完全明快とはいえず、紛らわしい。

 

⑧ダンス教室の広告案

  問題8の正解は、見出しに、「人気者になった」という、ベネフィットの保証

  があり、フランス語を入れ、好奇心を高めている。

  不正解は、見出しに、ベネフィットが1つもない。

 

⑨神経症治療の広告案

  問題9の正解は、見出しに、「あなたは」という言葉で相手の興味を引いてい

  る。また、治す方法があることをほのめかしている。

  不正解は、見出しに、ただ事実だけを述べている。

 

⑩世界文学集の広告案

  問題10の正解は、見出しに、個人的なベネフィットを具体的に保障している。

  不正解は、コピーライターの考えを述べているだけである。

 

————————————

ここで学んだこと

————————————

「成功した見出しはどっち?」について、

広告の効果を前もって見極めるのは、たいへん難しい。

広告のコピーの効果を事前に見極められる人がいるとすれば、通販広告に携わっている

人たちである。

しかし、そのような人も、みんな完全に判断を誤ってしまうのである。

その理由は、広告は人間臭い要素が絡み、科学にはなりえないからである。

そこで、ここでは、テストにテストを重ね、広告を、正確で、科学的になるように

促している。

よって、ここでは広告において、科学的精神を持ち、その調査データが重要で、

個人的な意見ではなく、事実にこだわっている。

 

広告のルールを習得することは容易ではなく、ルールが無いのではと思うことがある。

しかし、少なくとも重要な1つのルールとしては、

「すべてテストし、すべて疑うこと。個人的意見に関心を持つこと。ただし、一意見に

大金を投じる前に、まずお金を少しかけて必ずテストをすること。」

である。

 

ここでは、以上となります。

————————————- 

ここでは、

「成功した見出しはどっち?」について、

 説明しました。

——————————————————-

これから毎日、本ブログでコピースキルについて紹介させていただきす。

私も、ネットビジネスをするには絶対必要な、このスキルを勉強中です。

現在進行形の情報共有ということで、少しでも臨場感を感じてもらえれと

思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-コピーライティング, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(1回目)「価格が脳に与える影響」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。 前回まで、コピーライティングスキルとコンテンツについて述べてきましたが、 今回 …

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術(5回目)「顧客の脳の信頼を勝ち取る」

ネットビジネスを支える2本柱は、コピーライティングスキルとマーケティング スキルとなります(セールスはこれに含まれる)。   今回は、マーケティングについて第5回目となります。 先ずは、マー …

複雑書体

「脳科学マーケティング100の心理技術」028 ときには複雑な表現を用いる

028 ときには複雑な表現を用いる わかりにくい複雑な書体で書かれたものは、シンプルな書体よりも、はるかに記憶に残りやすいことがわかりました。   わかりにくい書体(流れの悪い書体)は、努力 …

no image

5-19「コピーの売込み効果を高める20の方法」前半

ここでは、「コピーの売込み効果を高める20の方法」です。 コピーの売込み効果を高める20の方法の前半の10個を以下に示します。 すべて実際にテストされ、効果が確かめられている方法です。   …

ホットコーヒーで打合せ

「脳科学マーケティング100の心理技術」048 コーヒーでおもてなしする

048 コーヒーでおもてなしする セールスの見込み客に会うときは、温かいコーヒーを一緒に飲もう。そのほうが、自分が温かい性格に映るし、相手もより気前が良く、お人よしになってくれるのです。   …

支える2本柱ーサイドバートップ

カテゴリー

人気ブログ

ブログ内検索

本サイトは、ネットビジネスを始めるために必要な2本柱である、コピーライティングとマーケティングについて、学んだ情報を発信していきます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.